美容皮膚科・薄毛治療の恵比寿美容クリニック | 目の下のクマ治療 原因

恵比寿駅西口から徒歩3分

診療時間 平日:10:00-20:00/土日祝:10:00-19:00

初めての方 専用電話窓口 0120-249-272

アフターフォロー 専用電話窓口 03-6712-7881

目の下のクマ治療 原因

今日も顔が疲れ切っている…

朝起きて鏡を見ると、どんより曇った自分の顔をみて悲しい思いをしていませんか?目の下のクマがあるだけで、印象も、気分も悪くなり1日中やる気が出なかったり、外に出るのが億劫になってしまいますよね。ただメイクでカバーするのではなく、根本から治して明るい顔で1日をスタートさせましょう。

目の下のクマの原因

一言にクマといっても実は「青クマ」「茶クマ」「黒クマ」の3種類に分けることが出来ます。

・青クマの原因 クマの中でも最も多いと言われている青クマ。青クマの主な原因は「血行不良」によるものです。ストレスや寝不足、疲れなどから血流が悪くなり、目の周りでうっ血が起こります。すると、血液は酸素不足となり黒っぽい色に変色し、それが皮膚から薄く透けている為に青っぽいクマとなって見えるのです。

・茶クマの原因 茶クマの主な原因は「メラニン色素の沈着」です。紫外線による肌へのダメージや肌の乾燥、目をこすったり、メイクが落としきれていなかったなど様々な要因がメラニン色素を沈着させることになります。特に目の下の皮膚は、他の皮膚に比べて薄いので摩擦に弱く色素沈着しやすい部位と言えるでしょう。

・黒クマの原因 黒クマは「目の周りの筋力低下」「加齢」が主な原因です。これは、目の下にある眼窩脂肪が前に飛び出してきて目の下に影を作ることが原因となります。眼窩脂肪は眼球の下にある脂肪のことで通常、眼窩筋によって支えられ飛びたすことはないのですが、老化やまばたきの回数が少ない、眼精疲労などが要因となり筋力が低下に伴い、飛び出してくるという訳です。

また、加齢によって目の下の皮膚内にあるヒアルロン酸やエラスチンなど肌のハリを保つ成分が減少すると、目の下周辺の皮膚がボリュームダウンしてしまうため影が出てきてしまいます。

目の下のクマに悩まされないためには

クマには3つの種類がありますが、どのクマにも言えることは、本来の皮膚の働きが十分に行えていないことです。ターンオーバーやヒアルロン酸・エラスチンなどの生成能力を正常に働かせることで解消させることが出来るでしょう。

生活習慣やスキンケアの見直し、マッサージをするなど対策法はたくさんあります。しかし、色素沈着や飛び出した眼窩脂肪を元に戻すことはすぐにできることではありません。自然な目元を取り戻すためにも専門医に相談し、適切なアドバイスを受けることをおすすめします。

お電話でのお申し込みも可能です!
フリーダイヤルにお電話で来院予約いただけます。

電話で無料相談

夜20時まで電話受付OK

初めての方 専用電話窓口 0120-249-272

アフターフォロー 専用電話窓口 03-6712-7881

メールで無料相談

随時受け付け中

お問い合わせ

今すぐ来院予約