美容皮膚科・薄毛治療の恵比寿美容クリニック | にきび

恵比寿駅西口から徒歩3分

診療時間 平日:10:00-20:00/土日祝:10:00-19:00

初めての方 専用電話窓口 0120-249-272

アフターフォロー 専用電話窓口 03-6712-7881

にきび

繰り返すニキビに頭を抱えていませんか?

ニキビが1つできるだけで、「人に会いたくない」「肌が汚い」「誰にも素肌をみせたくない」と塞ぎがちになり、外へ出かけるのも億劫になってしまうという方も少なくありません。生活習慣やスキンケアにこだわり、時間をかけても、繰り返してしまうニキビに疲れてしまいますよね。

たとえニキビが治っても、ニキビ跡でお肌がボロボロ状態になってしまうことも。そんなニキビから解放されるカギは、タイプを知り、的確なケアをしていくことです。

実は、ニキビには「5種類」、ニキビ跡は「3種類」のタイプがあるのをご存知ですか?より良い治療を進めていくためにも、まずは自分がどのタイプなのかチェックしてみましょう。

ニキビの種類

(1)白ニキビ
ニキビの初期段階で見られる症状で、ポツッと皮膚が盛り上がった中心に白い点が見えるのが特徴です。毛穴内部に詰まった皮脂が白く見えることから白ニキビと呼ばれています。

(2)黒ニキビ
比較的初期段階で見られる黒ニキビは、毛穴内部に詰まった皮脂や古い角質が酸化して黒くなった状態です。

(3)赤ニキビ
黒ニキビがさらに深刻となった状態の赤ニキビ。毛穴の中で炎症が起こるために、赤みを帯びた状態となります。

(4)黄色ニキビ
黄色っぽく見えるニキビは、炎症が進み化膿し、黄色い膿が出ている状態のニキビを指します。ここまで炎症が進むと、自分でのケアは非常に難しいです。

(5)紫ニキビ
黒ずんだ赤紫や赤黒くみえる症状の紫ニキビは、これまでご紹介したニキビの中で、最も重症のニキビ。黄色ニキビででた膿に加え、血液も集中し、腫れあがっている状態です。ここまで悪化すると、ニキビ周辺にも炎症が広がってしまう危険性があります。

ニキビ跡の種類

(1)赤みを帯びたニキビ跡
ニキビができたところを中心都市、その周辺が赤みを帯びたニキビ跡のことです。
ニキビの炎症を抑えるために周辺の毛細血管が拡張されて血液が透けて見えているために赤く見えます。

また、肌内部に炎症が残っていることも考えられます。お肌に赤みが残っていると、メラニン色素が生成されシミの原因にもなりかねないので、早めの治療がおすすめです。

(2)クレーターのニキビ跡
ニキビができた場所の皮膚が凹んでいるニキビ跡のことです。
通常、皮膚は3層(表皮・真皮・皮下組織)から成り立っていますが、ニキビ炎症時に真皮まで炎症が及んでしまうことからできます。
真皮まで損傷が達したものは、市販薬での治癒が難しく、直接、真皮に働きかける治療がカギとなります。

(3)色素沈着をしたニキビ跡
赤みを帯びたニキビ跡が悪化したものが色素沈着をし、黒や茶色のシミとなって残るニキビ跡のことです。

にきびに効果的な施術メニュー