美容皮膚科・薄毛治療の恵比寿美容クリニック | 目の下のクマ

恵比寿駅西口から徒歩3分

診療時間 平日:10:00-20:00/土日祝:10:00-19:00

初めての方 専用電話窓口 0120-249-272

アフターフォロー 専用電話窓口 03-6712-7881

目の下のクマ

睡眠をとっても目の下のクマが解消されない・・・?

目の下にクマがあると、老けた印象や疲れた印象など顔全体の雰囲気が暗くなり、頭を抱える悩みのタネとなってしまいます。いつも以上に十分な休息や睡眠をとっても、なかなか改善されないと心が折れてしまいそうですよね。

だからと言って、いつも以上にお手入れに時間をかけても、高価な化粧品を揃えてもクマを解消するのは難しいです。

クマと一口にいっても様々な種類があり、それぞれに原因やケア方法が異なってきます。間違ったケアをして心が折れてしまう前に、まずは、自分のクマがどのタイプなのか知ることから始めましょう。

目の下のクマの種類

(1)青クマ
目の下が青っぽい、青黒く見えるクマは「青クマ」と呼ばれています。
目尻を引っ張ると青っぽさが薄くなるのが青クマの特徴です。

皮膚の下にある血管が薄く透けているために青っぽく見えています。特に血流が悪くなった場合は、血液が黒っぽく変化するので透けて見えやすくなります。

(2)茶クマ
目の下の皮膚が茶色っぽく見えるクマは「茶クマ」と言います。
目尻を引っ張っても色が薄くなることがないのが特徴です。

メイクが落としきれていない、紫外線のダメージ、よく擦るなどデリケートな皮膚に刺激を与えてしまうことで起こります。

(3)黒クマ
目の下が黒っぽく見えるのが「黒クマ」です。
黒クマは2種類のタイプに分けられます。

1.膨らみタイプの黒クマ
目の下を綿棒で軽く押すと、その部分の黒っぽさが薄くなったり、消えるのが特徴です。
元々、「目が大きい」「涙袋が大きい」など顔のつくりによって影のように見えていることがあります。

2.くぼみタイプの黒クマ
天井のライトを見上げた際に、黒っぽさが減少すれば「くぼみタイプの黒クマ」と言えます。
こちらも、顔の作りが影響する場合もありますが、加齢に伴い目の下の皮膚のボリュームダウンが原因で影のように見えるのです。

どちらの黒クマのタイプにも言える特徴は、コンシーラーなどを使ってもなかなか隠せないことも特徴と言えるでしょう。
また、顔がむくんでしまうと余計に目立ちやすくなります。

目の下のクマに効果的な施術メニュー