美容皮膚科・薄毛治療の恵比寿美容クリニック | 妊娠線

恵比寿駅西口から徒歩3分

診療時間 平日:10:00-20:00/土日祝:10:00-19:00

初めての方 専用電話窓口 0120-249-272

アフターフォロー 専用電話窓口 03-6712-7881

妊娠線

「母親の勲章」と言われるけど、諦めきれない・・・。

いつまでも綺麗でいたいと殆どの女性が願っていると思います。しかし、妊娠・出産を経験するとお腹や太もも、お尻など体のあちこちに妊娠線ができてしまい愕然とする方も多いでしょう。

子供と一緒に海やプールに出かけられない、夫婦の営みがなくなった、自信が持てないなど様々な問題で女性を悩ませてしまいます。

そんな妊娠・出産に伴う女性ならではの悩みを解消できれば気持ちも軽くなりますよね。最近では、効果的な治療もたくさんありますが、まずは、妊娠線の種類から見て、より効果的なケアを見つけてみましょう。

妊娠線の種類

(1)新妊娠線
新任線とは、妊娠中に出来る妊娠線のことを指します。
お腹の中で赤ちゃんが成長することで、お腹回りが大きくなり、肌内部の真皮・皮下組織がその伸びに追いついていけず断裂してしまうことで出来ます。

また、初期段階では赤みを帯びていることが多く、毛細血管の赤みや青みが皮膚に出てきた状態になります。形は紡錐形ではっきりと目立つのが特徴です。

発症時は痒みや違和感を伴うケースもありますが、気づいた時には出来ていたというケースもあります。

(2)旧妊娠線
旧妊娠線は、妊娠中にできてしまった妊娠線が出産をすることで状態が落ち着き、瘢痕(はんこん)化した状態のことを指します。新妊娠線のように赤みは消え、目立ちにくくはなりますが、徐々にピカピカとした線に変化し、表面は凸凹としています。

稀に痒みなどを伴い、一度出来てしまった妊娠線が自然に元の肌に戻ることはありません。

(3)正中線
正中線は新妊娠線や旧妊娠線とはメカニズムが異なるものです。
お腹の真ん中に縦に伸びた1本の茶色い線となるのが特徴です。
妊娠中のホルモンバランスの影響で、色素沈着すると言われますが、産後に自然と消えるのも妊娠線との違いになります。

また、正中線は私たちがお腹の中で細胞分裂を繰り返した名残でもあります。つまり、誰にでもあるものなのです。妊娠中のホルモンの影響で気づく人もいれば、小さいころから正中線があったという人もいます。

妊娠線に効果的な施術メニュー