美容皮膚科・薄毛治療の恵比寿美容クリニック | しわ

恵比寿駅西口から徒歩3分

診療時間 平日:10:00-20:00/土日祝:10:00-19:00

初めての方 専用電話窓口 0120-249-272

アフターフォロー 専用電話窓口 03-6712-7881

しわ

年齢とともに増えるしわに困惑していませんか?

30歳を超えた頃からうっすらとしわができ始め、その数は年々増え続け、深く刻み込まれてしまいます。女性にとって、年齢以上に老けて見られることは、すごく悩ましいことですよね。

どうにかしわを解消しようと手を尽くしても、間違ったケアをしてしまうと、ますますしわが深くなることも考えられます。

目の周辺のしわ・額・眉間・表情じわ・ほうれい線など1度出来てしまったものを取り除くことは難しいことですが、老化だと諦めず、それぞれに最適なケアをしていきましょう。
まずは、しわの種類を知ることからはじめてみてください。

しわの種類

(1)たるみじわ
名前の通り、お肌のたるみによってできるしわのことです。
紫外線などの外部からのダメージやお顔の筋肉の衰え、加齢によりたるみが引き起こされてしまいます。

主に、まぶた・目の下・頬・ほうれい線・鼻下・首などが挙げられます。

(2)表情しわ
表情じわは、表情を作る際の筋肉の収縮によっておこるしわのことです。
通常であれば、表情を元に戻すとともにしわもなくなりますが、年齢とともに肌の老化が進み、表情を戻してもしわだけが残ってしまうということになります。

主に、額・眉間・鼻の横じわ・目尻・ほうれい線・あご・口回りなどです。

(3)表皮性しわ
比較的浅く、うっすらとしたしわのことを表皮じわと言います。
表皮性しわは、チリチリと短いしわが多いことが特徴でもあり「小じわ」「ちりめんじわ」と呼ばれることもあります。

表皮性しわは、肌表面が乾燥することで、肌のキメが粗くなりチリチリとしたしわになるのです。

主に、目の下・目尻・頬・口横に出来やすいです。

(4)真皮性しわ
表皮性しわが悪化し、深く、くっきりと刻み込まれたものを真皮性しわと呼びます。
老化や紫外線からのダメージによって肌内部の構造が崩れてしまうことで深いしわを引き起こしやすくなってしまうのです。

主に、額・目尻・ほうれい線・口回りなどに現れます。

表皮性しわと真皮性しわの見分け方は、「しわを指で広げると消える」「肌を濡らすと消える」場合は、比較的浅い表皮性しわとなります。

表皮性しわが悪化し、真皮性しわになってしまうとケアにも時間がかかるため、できるだけ表皮性しわに気づき、早い段階でのケアをおすすめします。

しわに効果的な施術メニュー