美容皮膚科・薄毛治療の恵比寿美容クリニック | あなたは大丈夫?妊娠線ができやすい人の特徴と治療法

恵比寿駅西口から徒歩3分

診療時間 平日:10:00-20:00/土日祝:10:00-19:00

初めての方 専用電話窓口 0120-249-272

アフターフォロー 専用電話窓口 03-6712-7881

あなたは大丈夫?妊娠線ができやすい人の特徴と治療法

女性の人生の中でも特に大きなイベントでもある妊娠・出産。その際、身体にできやすいといわれている“妊娠線”の原因と妊娠線ができやすい人の特徴を、治療法と併せてご紹介します。

2018/07/03

Supervising doctor:
恵比寿美容クリニック 院長 能登谷 翔

妊娠線はなぜできる?

 

妊娠線ができる原因とは、具体的にどのような状態のときなのでしょうか。少しずつ変わっていく身体の変化によるいくつかの原因をみていきましょう。

 

妊娠線の原因は、腹部の急激な成長

妊娠すると女性の腹部は、胎児の成長に合わせて大きくなっていきます。その際、表皮の下にある真皮という組織が急激に成長する腹部に耐えられなくなり、亀裂が生じ、赤紫色の線状斑が現れ、これが妊娠線と呼ばれているものになります。

この赤紫色の線は、時間が経つにつれ白い線になっていきます。

 

ホルモンバランスが崩れるため

妊娠線は、先ほども記載した通り、胎児の成長に合わせて腹部が大きくなることが原因とお伝えさせていただきましたが、実はもう1つ原因があります。

もう1つの原因は、“ステロイドホルモン”の影響になります。妊娠中は、グルココルチコイドのホルモン分泌が増えていきます。このホルモンには肌の弾力が減少する作用があります。通常、皮膚は、ターンオーバーを行い、新しい皮膚に生まれ変わっていくのですが、このターンオーバーが減少し、妊娠中は普段以上に皮膚の下にあるハリを作っている真皮の断裂を起こしやすくなってしまうのです。

 

【妊娠線のメカニズム】

原因は分かりましたが、具体的に身体がどうなって妊娠線になってしまうのでしょうか。妊娠することによって起こる皮膚の変化について知っていきましょう。

 

人間の皮膚は、大きく分け3つの層から成り立っています。

 

1層:表皮膚

2層:真皮

3層:皮下組織

 

の3つの層です。

妊娠するとお腹の赤ちゃんの成長に合わせてお腹周りも大きくなっていき、お腹の皮膚が急激に伸びていきます。このとき1層目の表皮膚は弾力や伸縮性があるので無理なく伸びていきますが、2層目の真皮と3層目の皮下組織は、弾力性がないため、急激に大きくなる腹部に亀裂が入り、たるみや白い筋のような状態で妊娠線が入ってしまいます。

 

【妊娠線が出てくるのは、いつから?】

一般的に妊娠線ができやすい時期は、つわりが落ち着き安定期に入った妊娠6カ月頃が非常に多いといわれています。

しかし、早い人だと妊娠4カ月と早い時期からできる人もいますので、妊娠している状態や体調によって変動が起こります。

 

【妊娠線ができやすい部位】

分かっていてもいつの間にかできている妊娠線。

妊娠線と聞くとお腹周りにできるイメージですが実は、お腹周り以外にも気づかないところに妊娠線は、発生するのです。妊娠線のできやすい以下の部位を知って、鏡の前で気にかけてみてください。

 

・お腹

・バスト(胸)

・二の腕

・太もも

・お尻

・膝裏

 

上のどの部位にも共通することは、「皮膚が柔らかい」「皮下脂肪がつきやすい」箇所になります。妊娠線のできる数は、人それぞれ体質にもよりますが、この後、妊娠線がきでやすい人の特徴をご紹介しますので、自分がどれに当てはまっているか確認してみてください。

 

妊娠線・肉割れ治療の相談

こんな人は要注意!妊娠線ができやすい人の特徴とは・・・

 

どのようなタイプの人が妊娠線に悩まされやすのでしょうか?

ついやってしまうアノ行動が妊娠線を作る原因になっているかもしれません。

以下の項目に当てはまると、妊娠線が発生する確率が非常に高くなりますのでチェックしてみましょう。

 

急激な体重の増加

安定期に入る妊娠6カ月頃になると、つわりが落ち着き、食生活にも支障が出なくなります。つわりによって食べたくても食べることができなかった食欲が急激に出てくることにより、お腹の赤ちゃんの成長に加え、大幅な体重の増加に繋がってしまいます。

 

運動不足

安定期に入る妊娠6カ月以降は、つわりが落ち着くことにより食欲が増え、体重の増加に繋がるので、ウォーキングやマタニティヨガなど無理なく可能な範囲で運動を取り入れることが大切です。

運動不足になると太ももなど柔らかい部位に皮下脂肪がつきやすくなることにより妊娠線ができやすくなります。

 

お肌の乾燥

妊婦さんになると肌が非常に乾燥しやすくなります。肌の乾燥状態が続くと顔の乾燥によりシワができやすくなるのと同様に妊娠線も発生しやすくなります。

お腹の赤ちゃんの成長と体重増加により大幅に腹部の皮が伸びてしまうので乾燥は禁物です。

 

多胎妊娠

双子や三つ子の多胎妊娠は、赤ちゃんの人数によって子宮や腹部が成長します。その分、お腹周りの皮膚も大幅に伸びていき、皮下組織に亀裂が入りやすく妊娠線が早い段階からできやすくなります。

 

妊娠線の治療法とはどんなもの?

 

妊娠線治療の種類にはどのようなものがあるのでしょうか。

手軽に行える薬から時間の経過した妊娠線にも対応した治療法をご紹介します。

トレチノインと呼ばれる薬は、ビタミンA誘導体が配合されており、コラーゲン生成を促進させる働きがあります。コラーゲンが増加することにより腹部の成長で亀裂の入った皮下組織を修復することにより妊娠線の改善が期待できるのです。

 

レーザー治療

レーザーにてミクロ単位の小さな穴を皮膚にあけ、亀裂の入った真皮に修復を働きかけ、古い皮膚から新しい皮膚へと変えていくターンオーバーをスムーズに行えるようになります。この治療法は、妊娠から数年たったものに対しても治療が可能となっています。

 

炭酸ガス治療

皮膚に炭酸ガスを注入し、1層目の表皮と2層目にある真皮の血行の流れを促進し、炭酸ガスの力によって皮膚にあえてダメージを与え、再生能力を活性化しコラーゲンをつくり出しやすくする効果が期待できます。

 

妊娠線の状況や部位、どの位時間が経過しているかによっても治療法は変わってきますので、専門のクリニックにて今出ている妊娠線に1番最適な治療法を相談することが大切になります。この治療法がいい!と思っていても別の治療法が合う場合もあります。

 

日頃から気をつけたい妊娠線のセルフケア

 

ここまで原因から治療法までご紹介しましたが、妊娠線はできないに越したことはないですよね!

そこで妊娠線を自分で予防できて、すぐに始められる妊娠中のセルフケアをご紹介します。

 

クリームやオイルで肌の保湿

オーガニックなどの天然成分でできているものなど、妊娠中の敏感肌にも適用したクリームやオイルが1つ数百円~2千円以内でドラッグストアで手軽に購入できます。しっかりと保湿することで肌の潤いが守られ、妊娠線予防に大きく貢献します。

 

体重増加に気を付ける

つわりがおさまる頃は、「好きなものを好きなだけ!」「もう食欲が止まらない~!」と思ってしまいますが、重増加によってお腹周りが大きくなることを抑えるためにも、食事量は程々にしましょう。いきなり大きくなってしまうお腹や身体に皮膚はついていけなくなってしまい妊娠線が出てしまいます。

「まだ食べたいけど、妊娠線ができちゃうから少し我慢しよう」の意識が予防に繋がります。

 

妊娠線は、上記でも記載した通り、保湿や体重増加の阻止など、事前の予防が大事ですができてしまったらどうにもならないのでしょうか?

そんなことはありません。産後にできてしまった妊娠線のセルフケア術もご紹介します。

 

妊娠線が出来てしまっても保湿を続ける

妊娠線は、産後、徐々に薄くなり、白っぽく目立たなくなります。妊娠線ができてしまったあとでも保湿クリームをしっかりと塗り込んでいきましょう

 

セルフマッサージ

妊娠線が出来てしまった皮膚の新陳代謝を促すことにより妊娠線が薄くなりますので保湿クリームを塗ったついでに優しく、セルフマッサージをしていきましょう。

恵比寿美容クリニック

院長 能登谷 翔

経歴
2005年4月武蔵野大学薬学部薬学科(入学)
2008年4月東海大学医学部医学科(入学)
2014年4年独立行政法人東京都健康長寿医療センター勤務
2016年10月恵比寿美容クリニック勤務
所属学会
日本形成外科学会 会員
日本整形外科学会 会員
妊娠線・肉割れ治療の相談

関連記事

こんなに抜けて大丈夫?ヤバイ抜け毛とは

通常、人間の髪の毛は1日で50~100本…

2018/07/03 詳しく読む

クマとストレスの関係とは?ストレスによるクマ対策について

寝不足や疲れたときにクマができることが多…

2018/07/03 詳しく読む

クマにパックは効果的?目もとパックの選び方とセルフケアの方法

寝ているはずなのにクマができている……そ…

2018/07/03 詳しく読む
24時間
受付
あなたのお悩みご相談ください。
ご来院ご予約はこちら!
×
送信

カウンセリング無料!
あなたのお悩み、全力でサポートします。