美容皮膚科・薄毛治療の恵比寿美容クリニック | 妊娠線が胸にできる原因とは?あわせて知っておきたい産前産後のケア方法や治療法を解説

恵比寿駅西口から徒歩3分

診療時間 平日:10:00-20:00/土日祝:10:00-19:00

初めての方 専用電話窓口 0120-249-272

アフターフォロー 専用電話窓口 03-6712-7881

妊娠線が胸にできる原因とは?あわせて知っておきたい産前産後のケア方法や治療法を解説

妊娠線はお腹だけでなく、胸にもできることがあります。一度胸にスジができたら消すのは簡単ではないため、産前産後にはできる限りのケアを習慣化していきたいところです。今回は、妊娠線が胸にできる原因や予防法、治療法について解説していきます。

2018/05/07

Supervising doctor:
恵比寿美容クリニック 院長 能登谷 翔

胸にできる妊娠線の原因とは

皮膚を構成する層のうち、最も外側にある表皮には柔軟性があるため、引き伸ばされたときにはある程度伸縮できます。しかし、表皮の奥にある真皮は主にコラーゲンやエラスチンなど、繊維状のタンパク質で構成される硬い組織です。

急に皮膚が伸張されると硬い真皮には断裂が生じてしまい、これが妊娠線の原因になります。妊娠線は、真皮層にできた断裂の痕が表皮から透けて現れるスジなのです。

妊娠中には、経過とともに赤ちゃんが成長するため、お腹が大きく膨らんできます。お腹の皮膚が急激に引き伸ばされることになり、伸張に耐えきれなくなったときには妊娠線ができてしまいます。

妊娠すると、乳腺が発達して胸のサイズも大きくなっていきます。出産までの間に2カップほど大きなサイズの下着が必要になることも少なくありません。短期間のうちに胸が大きくなった結果、皮膚が急激に引き伸ばされ、胸に妊娠線ができる原因となるのです。

妊娠中には、ホルモンバランスの変化によって皮膚の潤いが減り、妊娠線が生じやすくなるといわれています。体重の増加などで脂肪が増え、皮膚が引っ張られたときにも肉割れができることがありますが、肌が乾燥している妊娠中には特にスジができやすいといえます。

 

妊娠線・肉割れ治療の相談

胸にできる妊娠線を予防するためのセルフケア方法

妊娠中に胸が大きくなることは避けられませんが、少しでも妊娠線ができるのを予防するためにできるセルフケア方法もあります。妊娠線の予防には、肌の保湿を習慣化することが重要であるといわれています。肌の保湿が柔軟な皮膚を保つための一助になると考えられているためです。

具体的には、ボディ用のクリームやオイル体の気になるところに塗布する方法が用いられています。全身に塗るのは手間になりますが、お腹や胸のように、妊娠線が特にできやすい部位だけでも、丁寧に保湿しておくと良いでしょう。

マタニティブラの着用によって、胸の妊娠線予防を図る方もいます。妊娠前に使っていたブラを使うと胸のサイズと合わずに「苦しい」「押されている」と感じることがあります。血行不良に陥ることを回避し、重みをしっかり支えて皮膚に負担をかけないという意味でも、胸のサイズに合ったブラの着用は大切になります。

 

産後にも胸に妊娠線ができる可能性がある?

「妊娠中に胸の妊娠線ができなかったらもう安心」とお考えの方も多いかもしれませんが、実は産後にもスジができる可能性はあります。母乳を分泌しやすくなるように、産後にも胸が大きい状態が続いているためです。

授乳が終わる頃には、少しずつ妊娠前の胸のサイズに戻っていきますが、それまでの間は油断できません。特に出産して間もない時期には、育児に追われて胸にできた妊娠線に気がつくのが遅れる人もいます。妊娠中はもちろんのこと、産後にも胸の皮膚の状態には注意を向けておくと良いでしょう。

 

胸の妊娠線を消すには?医療機関での治療も視野に入れたい

胸にできた妊娠線が少し薄くなることはあっても、自力で完全に消すことは難しく、凹凸を伴う痕となって残ってしまうケースは多いです。胸に妊娠線ができたあとでは、保湿をしてもなかなか肌が元には戻らないものです。表面的な保湿をしても、皮膚の中で生じた裂けを修復する効果は期待できないことが考えられます。

自力でのケアに限界を感じたときは、医療機関で妊娠線の治療を受けることもできます。妊娠線の治療法にはいくつか種類がありますが、“血流改善ガス治療”では炭酸ガスを使って皮膚の再生を促す効果を期待します。

血流改善ガス治療では断裂の生じている真皮に炭酸ガスを注入し、ガスの一時的な刺激によってコラーゲンの生成を促します。そして、ガスが血流を促すことによって皮膚の代謝を向上させ、肌の再生を促す効果を狙います。このような観点で、凹凸のある妊娠線が目立たなくさせることを期待する治療法です。

皮膚に注入した炭酸ガスは自然と体から抜けていき、薬剤を使用する必要がないため、比較的安全性が高い肉割れの治療法といわれています。レーザーなどを胸に照射することに抵抗感のある方は、血流改善ガス治療を検討してみてはいかがでしょうか?

恵比寿美容クリニックの妊娠線治療についての詳細はこちら。

恵比寿美容クリニック

院長 能登谷 翔

経歴
2005年4月武蔵野大学薬学部薬学科(入学)
2008年4月東海大学医学部医学科(入学)
2014年4年独立行政法人東京都健康長寿医療センター勤務
2016年10月恵比寿美容クリニック勤務
所属学会
日本形成外科学会 会員
日本整形外科学会 会員
妊娠線・肉割れ治療の相談

関連記事

こんなに抜けて大丈夫?ヤバイ抜け毛とは

通常、人間の髪の毛は1日で50~100本…

2018/05/07 詳しく読む

クマとストレスの関係とは?ストレスによるクマ対策について

寝不足や疲れたときにクマができることが多…

2018/05/07 詳しく読む

クマにパックは効果的?目もとパックの選び方とセルフケアの方法

寝ているはずなのにクマができている……そ…

2018/05/07 詳しく読む
24時間
受付
あなたのお悩みご相談ください。
ご来院ご予約はこちら!
×
送信

カウンセリング無料!
あなたのお悩み、全力でサポートします。