美容皮膚科・薄毛治療の恵比寿美容クリニック | やっかいな目の下のクマ、どうカバーする?おすすめの隠し方とクリニックでの治療法をご紹介!

恵比寿駅西口から徒歩3分

診療時間 平日:10:00-20:00/土日祝:10:00-19:00

初めての方 専用電話窓口 0120-249-272

アフターフォロー 専用電話窓口 03-6712-7881

やっかいな目の下のクマ、どうカバーする?おすすめの隠し方とクリニックでの治療法をご紹介!

目の下のクマがあると、見た目の印象も大きく左右されてしまいます。できるだけ目の下のクマを目立たないようにカバーするためには、どんな隠し方ができるのでしょうか?今回は、目の下のクマの隠し方やクリニックでの治療法についてご紹介していきます。

2019/02/14

Supervising doctor:
恵比寿美容クリニック 院長 能登谷 翔

目の下のクマ、隠し方に失敗するとどんな印象を与える?

目の下のクマはできるだけ自然にカバーしたいところですが、隠し方に失敗すると、見た目の印象にも影響を与えてしまいます。目の下のクマがあるだけで、“老けている”“疲れている”という印象になり、マイナスのイメージを持たれてしまいがちです。

目の下のクマがあることによって、内面についても“暗い”“こわい”などと誤解されてしまう場合もあります。自分では楽しくて笑っているつもりでも、無理しているように思われてしまうのは不本意ですし、人間関係の構築においても損をしてしまいます。そして、鏡に映った自分の顔を見るたびに、憂うつな気持ちになってしまうというケースもあります。

クマにはいくつかの種類があり、青クマ、茶クマ、黒クマに大別されます。それぞれのタイプに合った隠し方を覚えておくことで、印象の改善につなげていきましょう。

 

目の下のクマ治療の相談

上手な目の下のクマの隠し方①コントロールカラーを上手に選ぼう!

目の下のクマの隠し方について考える前に、まずは自分のクマがどのタイプに該当するのか確認する必要があります。

青クマは青紫色、茶クマは茶色をしていますが、クマができている部位の皮膚を軽く動かしてみることで判別できます。クマが薄くなった場合は青クマ、色が変わらなかったときは茶クマとなります。毛細血管が透けて見える青クマとは異なり、茶クマの場合は皮膚自体に色素沈着が生じているので、動かしても色味に変化がないことが理由です。

目の下のたるみや涙袋の膨らみによって黒い影ができているときは、黒クマに該当します。肌にへこみができて影になっている場合もありますが、こちらも黒クマに含まれています。

目の下のクマの隠し方を習得したいときは、種類別におすすめのコントロールカラーがあるので、どんな色でカバーすれば良いか知っておきましょう。コントロールカラーをプラスすることで、クマの色を自然に補正できます。

青クマの場合は血行が良く見えるピンクやオレンジ系で隠し、茶クマの場合は透明感のあるイエロー系で隠します。黒クマの場合は、明るい目元になるようにベージュ系を選んでみてください。

 

上手な目の下のクマの隠し方②コントロールカラーを正しく使おう!

コントロールカラーは、基本的にファンデーションを塗る前に使用します。コントロールカラーの使い方としては、顔全体に塗るか、気になるポイントだけに塗るか、2つの方法があります。

全体用のコントロールカラーの場合は、化粧下地を塗るような感覚で塗り広げます。部分用の場合は、化粧下地を塗ったあとに指先でポンポンと置くようにしながら少量をなじませます。このとき、スポンジを使ってなじませると、自然な仕上がりに近づきます。

コントロールカラーを使用する際の注意点として、この方法でカバーできるのは比較的軽いクマになることが挙げられます。目立つクマの場合はコンシーラーなどを使った隠し方を実践する必要がありますが、やはり厚ぼったい印象にはなってしまいます。

そして、化粧品による隠し方を実践するだけでは、逆に色素沈着につながる恐れがあることも知っておきましょう。特に茶クマの場合は化粧品による刺激が原因となって色素沈着が生じる場合もあるため、かえって悪化しないように注意が必要です。

メイクによる色素沈着を防ぎたい場合は、コントロールカラーによる隠し方を習得して実践するよりも、クリニックでの治療を検討してみると良いかもしれません。

 

クリニックで受けられる目の下のクマ治療「血流改善ガス」とは?

目の下のクマの隠し方として実践できることはありますが、クマ自体を“治療する”という選択肢もあります。クリニックで行っている“血流改善ガス”を用いた治療法では、青クマ、茶クマ、黒クマの治療が可能です。炭酸ガスを注入することで、肌の再生力を高める効果が期待できます。

肌の厚みやハリを取り戻すことで青クマや黒クマの改善を図り、新陳代謝を促すことで茶クマの改善を目指していきます。薬剤やメスを使う必要もなく、注入したガスは自然に抜けていくため、比較的安全性が高い治療法です。

目の下のクマの隠し方として実践されていることをやってみて、限界があると感じたときは、血流改善ガス治療を検討してみてはいかがでしょうか?

恵比寿美容クリニック

院長 能登谷 翔

経歴
2005年4月武蔵野大学薬学部薬学科(入学)
2008年4月東海大学医学部医学科(入学)
2014年4年独立行政法人東京都健康長寿医療センター勤務
2016年10月恵比寿美容クリニック勤務
所属学会
日本形成外科学会 会員
日本整形外科学会 会員
目の下のクマ治療の相談

関連記事

こんなに抜けて大丈夫?ヤバイ抜け毛とは

通常、人間の髪の毛は1日で50~100本…

2019/02/14 詳しく読む

クマとストレスの関係とは?ストレスによるクマ対策について

寝不足や疲れたときにクマができることが多…

2019/02/14 詳しく読む

クマにパックは効果的?目もとパックの選び方とセルフケアの方法

寝ているはずなのにクマができている……そ…

2019/02/14 詳しく読む
24時間
受付
あなたのお悩みご相談ください。
ご来院ご予約はこちら!
×
送信

カウンセリング無料!
あなたのお悩み、全力でサポートします。