美容皮膚科・薄毛治療の恵比寿美容クリニック | 黒クマのくぼみを改善するには?セルフケアやクリニックでの治療法を解説

恵比寿駅西口から徒歩3分

診療時間 平日:10:00-20:00/土日祝:10:00-19:00

初めての方 専用電話窓口 0120-249-272

アフターフォロー 専用電話窓口 03-6712-7881

黒クマのくぼみを改善するには?セルフケアやクリニックでの治療法を解説

どんなにお手入れを頑張っていても、くぼみのある黒クマができると、顔が老けた印象になってしまいます。黒クマのくぼみができる原因はどこにあるのでしょうか?今回は、黒クマのくぼみができたときのセルフケアや、クリニックでの治療法について解説します。

2018/07/03

Supervising doctor:
恵比寿美容クリニック 院長 能登谷 翔

黒クマの原因や見分け方とは?

目の下のクマには、大きく分けて3つの種類があります。黒クマはそのうちの1つになりますが、ほかにも青クマや茶クマと呼ばれるタイプのクマがあります。

青クマとは、目の下にうっすらと青い色になって現れるクマのことです。目の周りの血行が悪くなると静脈内に血液が停滞し、毛細血管の色が皮膚から透けて見える状態となります。茶クマは目の下の肌に色素沈着が生じ、茶色く見えるタイプのクマのことです。

黒クマとは、目の下にできた膨らみやくぼみによって、黒い影が生じることによりできるクマです。青クマや茶クマでは皮膚から色が見えるだけですが、黒クマの場合は影ができることが特徴となっています。

黒クマには、目の下の脂肪が突出して「たるみ」ができるタイプもあれば、逆に「くぼみ」が生じるタイプもあります。黒クマの原因としては、加齢に伴って目の周辺の靭帯や筋肉が衰えることや、脂肪を支える肌の弾力が低下することなどが挙げられます。くぼみがある黒クマは、加齢によって脂肪が減ることも影響しているといわれています。

膨らみのある部分を綿棒などで軽く押して、影が消えれば黒クマの特徴に当てはまるとされているので、セルフチェックすることも可能です。くぼみがある黒クマの場合も、肌を軽く押して平らにしたときに黒い影が消えるかどうか確かめてみましょう。

 

目の下のクマ治療の相談

黒クマのくぼみができやすい人の特徴

黒クマのくぼみができるのは、加齢によって脂肪を支える力が衰えたり、脂肪が減ってしまったりすることが原因といわれています。ただ、年を重ねるとすべての方にくぼみのある黒クマができるかといえば、そうとも限りません。

黒クマのくぼみは、もともと目の下の脂肪が少ない人にできやすいといわれています。加齢によって脂肪が減ることによって、くぼみが目立つようになるのです。また、もともとの骨格によっても、くぼみを伴う黒クマができやすいとされています。

 

黒クマのくぼみを解消するためのセルフケア方法はある?

黒クマのくぼみへの対策としては、まずメイクで隠すという方法が挙げられます。しかし、くぼみをカバーするために化粧品を厚塗りすると不自然な印象になってしまいます。薄い黒クマであれば、コンシーラーなどを使ってカバーできることもあります。

くぼみのある黒クマが悪化するのを防ぐ試みとしては、目の周りの筋肉を鍛えるという対策もあります。目の周りには眼輪筋と呼ばれる筋肉がありますが、体の筋肉と同じように、使わなければ衰えていきます。目をギュッと閉じて開く運動をするなど、眼輪筋のトレーニングをすることも対策の一つです。

セルフケアだけで黒クマの改善や解消を目指すことは難しいかもしれませんが、それ以上の悪化を防ぐためにも、まずはできるケアから始めてみてください。

 

くぼみのある黒クマの改善が期待できるクリニックの治療

セルフケアだけでは、「くぼみのある黒クマを改善できない」と感じる方も少なくありませんが、そんなときにはクリニックの治療を視野に入れることも選択肢のひとつです。

くぼみのある黒クマの治し方としては、ヒアルロン酸を注射する治療法や、自分の細胞を培養させて肌に注入するFGF治療などが挙げられます。FGF治療はくぼみが生じている部位に注入してクマを目立たなくさせることを目指す治療法ですが、左右のバランスを調整するのが難しいという側面もあります。

目の下のクマに用いられる“血流改善ガス治療”もあり、これは炭酸ガスを注入することで、肌の再生力を高める効果を期待する治療法となります。血流を促し、肌の再生力を高めることでハリを取り戻し、最終的にクマを目立たなくさせることを目指します。

目の下のクマは、黒クマと茶クマ、黒クマと青クマなど、複数の種類のクマが混合している場合もあります。血流改善ガス治療は、どのタイプのクマにも対応しているため、いくつかの種類が混合したクマであっても治療の対象となります。

年齢を重ねるにつれて、くぼみのある黒クマなどで目元が気になるようになった方は、血流改善ガス治療を検討してみてはいかがでしょうか?

恵比寿美容クリニックの目の下のクマ治療の詳細についてはこちら。

恵比寿美容クリニック

院長 能登谷 翔

経歴
2005年4月武蔵野大学薬学部薬学科(入学)
2008年4月東海大学医学部医学科(入学)
2014年4年独立行政法人東京都健康長寿医療センター勤務
2016年10月恵比寿美容クリニック勤務
所属学会
日本形成外科学会 会員
日本整形外科学会 会員
目の下のクマ治療の相談

関連記事

こんなに抜けて大丈夫?ヤバイ抜け毛とは

通常、人間の髪の毛は1日で50~100本…

2018/07/03 詳しく読む

クマとストレスの関係とは?ストレスによるクマ対策について

寝不足や疲れたときにクマができることが多…

2018/07/03 詳しく読む

クマにパックは効果的?目もとパックの選び方とセルフケアの方法

寝ているはずなのにクマができている……そ…

2018/07/03 詳しく読む
24時間
受付
あなたのお悩みご相談ください。
ご来院ご予約はこちら!
×
送信

カウンセリング無料!
あなたのお悩み、全力でサポートします。