美容皮膚科・薄毛治療の恵比寿美容クリニック | 妊娠線ができなかった人には共通点があった!その共通点と対策法

恵比寿駅西口から徒歩3分

診療時間 平日:10:00-20:00/土日祝:10:00-19:00

初めての方 専用電話窓口 0120-249-272

アフターフォロー 専用電話窓口 03-6712-7881

妊娠線ができなかった人には共通点があった!その共通点と対策法

できてしまうと自然に元の戻ることは難しい妊娠線。 妊娠はとても幸せなことですが、実に約7割以上の妊婦さんに妊娠線はできると言われており、ママにとってはとても深刻な問題です。 しかし、中には妊娠線が全くできなかったというママもいるのが事実です。 こちらでは、妊娠線ができなかった人の共通点と対策法を紹介します。

2018/07/03

Supervising doctor:
恵比寿美容クリニック 院長 能登谷 翔

そもそも妊娠線とは?

 

妊娠線とは、ストレッチマークとも呼ばれており、妊娠時にできる肉割れのような線のことです。

妊娠線ができる原因はいくつかありますが、一番の要因はお腹が大きくなり急激に皮膚が伸びることです。

皮膚は、一番上から表皮・真皮・皮下組織という順番の層になっています。

 

表皮は伸縮性に長けていますが、真皮・皮下組織はあまり伸縮性はありません。

妊娠して皮下組織の中にある脂肪細胞が急激に大きくなると、表皮はそれに合わせて伸びますが、伸縮性のない真皮や皮下組織の一部はそのスピードについていけず断裂してしまいます。

断裂した部分から毛細血管が透けて見え、赤紫色の線状班が現れます。

これが妊娠線の正体なのです。

 

妊娠線は、妊娠57ヶ月でお腹が大きくなり始める頃からできやすくなります。

妊娠線の本数やでき方には個人差があり、1本だけの人もいれば10本以上できる人もいますし、稲妻のようだったり、スイカの皮のシマシマ模様のような妊娠線など実に様々です。

妊娠線は、一度できてしまうと完全には消えないと言う恐ろしさもあります。

 

 

妊娠線・肉割れ治療の相談

妊娠線ができる割合は2人に1人。なぜ妊娠線ができるのか

 

妊娠線ができてしまう理由は2つあります。1つ目は、上記でもお話しましたが、お腹が大きくなり体重が増え急激に皮膚が伸びることです。2つ目は、ホルモンバランスが崩れ皮膚が硬くなってしまうからです。お腹が目に見えて大きくなるので、妊娠線ができやすいのはお腹だと思っている方が多いですが、皮膚が伸びているところではどこでもできてしまいます。

 

妊娠中は、お腹だけではなく、乳房も母乳が出る準備を始めるため、豊かに膨らんできますし、体を支える太ももや、おしりもふっくらと肉付きが良くなってきます。そのため、胸やおしり、太もも、むくみやすいふくらはぎにも妊娠線はできてしまうのです。また、妊娠期間はホルモンのバランスが崩れているため、肌が硬くなり乾燥しやすくなっており、余計に肌は弱くなっているため、妊娠線ができやすくなってしまいます。

 

 

妊娠線が出来なかった人に共通するポイント

 

妊娠線が出来なかった人に共通するポイントは、「皮膚組織が元々柔らかい」「体重管理ができていた」「お腹の膨らみ方が想定内だった」という3点です。

 

皮膚組織が元々柔らかい

このタイプの方は、妊娠線ができるメカニズムを考えていただければ明らかです。妊娠線は、真皮や皮下組織の一部が上手く伸びることができずに、断裂してできてしまいます。つまり、真皮や皮下組織にもう少し伸縮性があれば、妊娠線はできなかったということです。このように、もともと皮膚組織が柔らかいタイプの方は、皮膚組織が硬いタイプの方と比べて、妊娠線ができにくいといえます。

 

体重管理ができていた

妊娠中期から臨月は出産に備えて、体脂肪が急激に増える時期です。確かに、お腹の中の赤ちゃんを外部からの刺激や、寒さから守るために皮下脂肪は重要ですが、必要以上に増加してしまうと妊娠線ができる1番の原因となってしまいます。皮下脂肪が増えることで、皮膚はさらに分厚くなり柔軟性を失うため、とても妊娠線のできやすい状態になってしまうのです。適正体重をしっかりキープすることが、出産だけでなく妊娠線を予防するためにも重要と言えます。

 

お腹の膨らみ方が想定内だった

先輩ママさんの中には、思っていた以上にお腹が大きくなったけれど、妊娠線ができなかった方もいます。しかし、やはりトータルで考えると、予想以上にお腹が大きくなってしまった方は、妊娠線ができてしまうケースが多いようです。こういった予想のできない部分だけに、どれだけお腹が大きくなっても伸びるように、日ごろから準備しておくことが大切と言えるでしょう。重要なのは、お腹をはじめ、胸やお尻、太もも、二の腕など妊娠線のできやすい部分を中心に、しっかり保湿し柔らかい皮膚組織を保つことです。特にお腹が大きくなると、自分からは見えにくい部分は、小まめに鏡などでチェックしながら、保湿やマッサージを忘れずに行いましょう。

 

 

妊娠線はできるものだと思って早めのケアを始めよう

 

もともと妊娠線のできにくいタイプの方がいるということも分かりました。しかし、こういう方たちは、妊娠線のできにくい要件をすべて満たした、とってもラッキーな方たちなのです。ケアするかどうかは個人の自由ですが、絶対に妊娠線を作りたくないという方は、事前にしっかりケアを行い、万全を期しておくことをオススメします。妊娠線を予防するためにケアをするのは、妊娠34か月~臨月までの半年間です。できてしまったら最後、何年も消えない妊娠線のことを考えると、たかが半年なのです。妊娠線をしっかり防ぐために、早めにケアをスタートし、毎日継続して柔らかい皮膚組織をキープしましょう。

恵比寿美容クリニック

院長 能登谷 翔

経歴
2005年4月武蔵野大学薬学部薬学科(入学)
2008年4月東海大学医学部医学科(入学)
2014年4年独立行政法人東京都健康長寿医療センター勤務
2016年10月恵比寿美容クリニック勤務
所属学会
日本形成外科学会 会員
日本整形外科学会 会員
妊娠線・肉割れ治療の相談

関連記事

こんなに抜けて大丈夫?ヤバイ抜け毛とは

通常、人間の髪の毛は1日で50~100本…

2018/07/03 詳しく読む

クマとストレスの関係とは?ストレスによるクマ対策について

寝不足や疲れたときにクマができることが多…

2018/07/03 詳しく読む

クマにパックは効果的?目もとパックの選び方とセルフケアの方法

寝ているはずなのにクマができている……そ…

2018/07/03 詳しく読む
24時間
受付
あなたのお悩みご相談ください。
ご来院ご予約はこちら!
×
送信

カウンセリング無料!
あなたのお悩み、全力でサポートします。