美容皮膚科・薄毛治療の恵比寿美容クリニック | 妊娠線のケアはいつから始める?後悔しない妊娠線ケアを始めよう

恵比寿駅西口から徒歩3分

診療時間 平日:10:00-20:00/土日祝:10:00-19:00

初めての方 専用電話窓口 0120-249-272

アフターフォロー 専用電話窓口 03-6712-7881

妊娠線のケアはいつから始める?後悔しない妊娠線ケアを始めよう

妊娠線は一度できてしまうと消すことが難しく、薄着になる時などコンプレックスになってしまうこともあります。キレイなママになるためにも、妊娠中の妊娠線予防は徹底したいところです。こちらでは、いつから妊娠線予防を始めるべきなのか、またできないようにするための対策方法についてご紹介します。

2018/07/03

Supervising doctor:
恵比寿美容クリニック 院長 能登谷 翔

そもそも妊娠線のメカニズムを知ってる?

 

妊娠線とは、妊婦さんのお腹やバスト、太もも、お尻、二の腕などに出来る線の事で、個人差はありますが、網目のような状態だったり、筋状だったりします。妊娠線は、全くできない人もいれば、一本だけできる人や十数本以上現れるという人もいます。一般的には、出産後は徐々に目立たなくなるといわれていますが、完全に妊娠線を消すことはできないといわれています。

 

 妊娠線のメカニズム

皮膚は上から表皮・真皮・皮下組織の三層に分かれています。

胎児が大きくなるにしたがってお腹が大きくなったり、急激に体重が増加して皮下組織の中にある脂肪細胞が急激に大きくなると、元々伸びやすい性質を持つ表皮はそれに合わせて柔軟に伸びます。

しかし、表皮の下にある「真皮」「皮下組織」は表皮と比べると代謝も遅く厚みがあるため弾力性が無く、表皮が急激に伸びていくスピードについていけずに裂け目ができてしまいます。これが妊娠線の始まりです。真皮が避けてしまうと、隙間ができて溝が生じ、この溝の部分に表皮がひっぱられることで、凹んだ状態になるのが妊娠線なのです。

このように、「真皮」や「皮下組織」で断裂が生じると、表皮にも徐々に裂け目が見えるようになってきます。妊娠線が赤色や紫色に見えるのは、皮膚の透過性によって毛細血管が透けて見えているためです。

妊娠線がもっともできやすいのは、やはりお腹になります。胎児の成長とともにお腹が大きくなると、下腹部に重力がかかるため下腹部は特に妊娠線ができやすい部位と考えられます。

他にも、バスト、太もも、お尻、二の腕などの脂肪がつきやすい部位は、妊娠線ができやすいのでこまめに入念にチェックするようにしましょう。

 

 妊娠線の原因

妊娠線ができる原因には大きく分けて「皮膚の急激な伸び」と「ステロイドホルモンの影響」の2つがあります。

 

▽皮膚の急激な伸び

妊娠56ヶ月頃に入ると、急にお腹が大きくなり始めます。さらに妊娠中は体重も増加し、ヒップやバストなども大きくなります。そうなると先ほども説明したように、伸縮性がある表皮はそれに伴って伸びることができますが、その下にある真皮や皮下組織の一部であるコラーゲン、弾性線維は急激な伸びについていけません。そのため、真皮やコラーゲンや弾性線維に断裂が起こり、断裂部分が妊娠線として現われるのです。

 

▽ステロイドホルモンの影響

妊娠中にはステロイドホルモンというホルモンの分泌が増えるのですが、このホルモンには肌のターンオーバーを抑制させる働きがあります。皮膚は通常、ターンオーバーという新陳代謝を通して日々生まれ変わっているのですが、ステロイドホルモンが活性化する影響で、ターンオーバーの働きが抑制され、コラーゲンの生成も抑えられてしまうのです。ターンオーバーが抑制された肌は次第に弾力を失い、肌そのものが非常にデリケートな状態になってしまうため、妊娠中はいつも以上に皮膚組織の断裂が起こりやすくなってしまっているのです。

 

 

妊娠線・肉割れ治療の相談

いつから始める?妊娠線ケアを始めるタイミングと出来やすい時期

 

妊娠線ができた方を対象としたある調査によると、80%の人が妊娠後期(810ヶ月)に、18%が妊娠中期(57ヶ月)に、2%の人が妊娠初期(~5ヶ月)に妊娠線ができたと回答したという結果が出ているようです。

妊婦さんというとお腹が大きいというイメージがありますが、実際にお腹が目立ちだすのは妊娠中期以降で、赤ちゃんがもっとも成長するのは妊娠後期なのです。生まれてくる頃には3000g前後の体重がある赤ちゃんでも、妊娠7ヶ月(妊娠27週)頃はまだ1000gほどしか体重はありません。その後急激に成長し、3週ごとに約500gずつ成長し、10ヶ月(39週)で約3000gとなり産まれてきます。

赤ちゃんが急激に成長する時期と妊娠線ができやすい時期はほぼ一致していると考えられますが、妊娠線のできるタイミングは個人差が大きいので、妊娠線ケアを始める具体的なタイミングを聞かれるとはっきりしたことはいえません。

ただ、妊娠線ができた方を対象としたある調査でもあるように、早い人は妊娠4ヶ月頃には妊娠線ができたという方もいますので、お腹がまだまだ膨らんでいない時期ですが妊娠23ヶ月頃からしっかりケアをした方が安心と言えます。

しかし、妊娠初期の妊娠23ヶ月は、つわりや体調不良に苦しむ人も少なくありません。神経質になって毎日無理をしてケアをするのではなく、この時期は体調が良いとき、気分の良いとき、気が向いたときになどに娠線予防の保湿クリームやオイルなどを使って軽くマッサージをする程度のケアを行いましょう。

妊娠初期の頃はお腹も大きくないので、突然妊娠線が現れるということはありませんが、妊娠初期の段階から妊娠線ができやすい部分の皮膚を潤し柔らかい状態にしておくことで、妊娠線予防効果が期待できます。

 

 気を抜いてはいけない妊娠後期

妊娠線の予防をし続け、その効果もあってか全く妊娠線ができずに妊娠後期を迎える方もいると思います。ここで、身体も重くてキツイし、妊娠線もできる気配がないからと妊娠線予防を怠っては大変なことになりかねません。

上記でも説明しましたが、約半年近くかけて成長した赤ちゃんは、妊娠8か月頃から急激に成長し、実質1ヶ月程度の期間に約500gずつ成長します。最後の急成長中は、お腹も目に見えて大きくなりますし、皮膚がひきつるように感じることもあり、いつ亀裂が入ってもおかしくない状態になるのです。その時に怠っていた妊娠線ケアを焦って行っても、もうすでに遅いという可能性があります。そのため、出産するまでは手を抜かず念入りに妊娠線予防ケアをしましょう。

また、妊娠線なんて何もしなくてもできなかったよ!と先輩ママに言われても鵜呑みにしてはいけません。どれくらい体重が増えるのかなど、サイズアップには個人差があります。空気の乾燥している冬にお産を迎えれば、それだけ皮膚は乾燥しやすく伸びも悪くなってしまうので、妊娠した時期も妊娠線に大きな影響があると考えられます。後で後悔しないためにも、妊娠初期からしっかりと妊娠線予防することをオススメします。

 

 妊娠中のケアに気を付けること

妊娠中、特に妊娠初期はホルモンの影響で体質が変化し、普段より肌がデリケートになっています。妊娠線予防のケアには、肌の保湿が必要不可欠なのですが、使用する保湿剤により肌荒れがひどくなってしまわないか注意する必要があります。かゆみや湿疹などの症状がなければ、妊娠初期から対策を行うのがオススメですが、肌荒れがある場合は妊娠5ヶ月頃の安定期に入ると少しずつ肌の状態も安定してくるのでこの時期から意識して妊娠線予防をしていきましょう。

 

 

体質によっても違う!妊娠線が出来やすい人の特徴

 

妊娠線のできやすい出来やすい人の特徴は沢山あり、1つでも当てはまってしまうと妊娠線のできる可能性が高くなります。こちらでは妊娠線が出来やすい人の特徴を紹介します。

 

 妊娠して急激に体重が増えた人

妊娠6ヶ月ころから、つわりも徐々に治まり過ごしやすい時期になりますが、つわりが治まると食生活に新たな問題が出てきます。それは、つわりの影響で食べることのできなかった食べものがとても美味しく感じ、ついつい食べ過ぎてしまうということです。また、食べ過ぎとは別に好きな食べ物をひたすら食べたくなる衝動にもかられます。

例えば、今まであまり興味のなかった揚げ物が無性に食べたくなったり、好きではなかった甘いものが妊娠中、手放せなくなる妊婦さんもいます。こうした食生活の変化が原因で、急激に体重が増えると皮下組織の中にある脂肪細胞がそれに伴って大きくなります。こうなってしまうと、お腹の大きさだけでなく体重増加でさらに皮膚面積が必要になり皮膚がつっぱるようになります。ここからは、妊娠線のメカニズム通りです。

元の体重に関係なく急激な体重増加は妊娠線をつくるきっかけになってしまいます。

 

 皮下脂肪が厚い人

皮下脂肪は弾力性が無いので、皮下脂肪が多いほど伸びにくい部分が多いと考えられます。そのため、妊娠線も増えがちです。しかし、妊婦にとってお腹周りの皮下脂肪は、子宮を温めたり外部からの刺激のクッション的な役割を担っているので、全く不要なものとは言えません。

 

 胸が張ってサイズアップした人

妊娠6ヶ月以降は、お腹だけではなく胸のサイズも変化していきます。なぜなら、乳腺が発達して、赤ちゃんに母乳を飲ませる準備がスタートするからです。また、元のサイズに関係なく妊娠中に急激に胸のサイズがアップした妊婦さんは妊娠線に注意してください。胸はもともと皮下脂肪が多い部分なので、妊娠線ができやすく、1度できると広範囲に広がるケースがあります。

 

 安定期も運動不足の人

妊娠中は無理な運動は控えるべきですが、全く身体を動かさないというのも考え物です。運動不足になると筋肉が衰えてしまい皮下脂肪が増え、太ももなどのやわらかい部分に妊娠線ができやすくなってしまいます。また、特に妊娠6ヶ月以降は体重増加が目立つので、不要に体重増加してしまい妊娠線ができやすい状態になってしまう可能性があります。それを防ぐためにも、ウォーキングなど可能な範囲で運動を取り入れることが大切です。

 

 乾燥肌が目立つ人

乾燥肌が目立つ妊婦さんは、脂性肌の方よりも妊娠線ができやすい傾向にあります。なぜなら、肌が乾燥し潤いが少ないということは、柔軟性に乏しく伸びにくいので、亀裂を作りやすいからです。皮膚表面の柔軟性が高いほど、体重増加で皮膚が伸ばされてもそれに合わせて対応できます。しかし、表皮が乾燥していると伸縮性があるはずの表皮もうまく対応できずひび割れになり、ひび割れている場所の伸びは悪いので全体的に皮膚が伸びずに妊娠線が強く出てしまいがちです。

 

 多胎妊娠の人

双子や三つ子の多胎妊娠をしていると、赤ちゃんの数だけ子宮も大きくなります。お腹も格段に大きくなり、そのぶん表皮も伸びるので、皮下組織もひっぱられて亀裂が生じやすくなります。

多胎妊娠の妊婦さんは、妊娠中期以降、お腹の下側を鏡でチェックしながら妊娠線ケアをするようにしてください。あまり目の行き届かない場所のケアはおざなりになりがちになりますし、できてしまった妊娠線も見えないため放置されやすいです。「見えにくい」と感じる場所には早めに妊娠線予防クリームを塗るように心がけてください。

 

 小柄な人

小柄な妊婦さんは、もともと皮膚面積が狭くなりがちなので妊娠線ができやすいといえます。また、小柄な人は骨盤も小さい傾向にあり、赤ちゃんの居場所が前の方になってしまい、お腹が前にせり出し皮膚がひっぱられやすいです。小柄に加えて皮下脂肪が多くて運動不足の人や、多胎妊娠の人はより妊娠線ができやすいので早めに対策を始めるようにしましょう。

 

 経産婦さん

これは意外に思うかもしれませんが、出産を経験していても気をつける必要があります。なぜなら、出産をすでに経験している為、子宮が伸びやすく、急激にお腹が大きくなりやすいからです。

また、前回の妊娠で妊娠線が出た場所は、皮下組織が伸びにくい場所になるので妊娠線ができやすく、同じところにまた妊娠線ができると、痕が目立ちやすくなります。ですので、そういった場所がある方は、重点的にマッサージや予防クリームを使用するようにしましょう。

 

 

ケアを始める前に知っておきたい注意点

 

妊娠線予防を始めるタイミングなどは説明しましたが、他にもケアを始める前に知っておきたい注意点がいくつかあります。

 

 体質が変化した時は早めの予防を!

妊娠をすると肌は乾燥肌へと体質が変わるのですが、妊娠が分かった頃に冬を迎えると肌の乾燥がさらに加速し、妊娠線を作ってしまう大きな原因になってしまいます。こういう時は、早めに妊娠線予防をスタートしましょう。また、35歳以上の高齢出産をされる方は、妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症)と同様に妊娠線にも充分に気をつけましょう。

妊娠線は真皮内の繊維芽細胞やコラーゲンが断裂して出来るものですが、それと同時に妊娠中はステロイドホルモンの影響で肌のターンオーバー機能が抑制されています。そのため、細胞の生成が遅れて痕が残ってしまうのです。

30代以降は肌の機能が衰えますが、そこに肌のターンオーバー機能を抑えるステロイドホルモンが分泌されるため、更に妊娠線の数も増え痕が残りやすくなる傾向にありので、早期からの妊娠線予防が重要になります。

 

 つわり中の妊娠線ケア方法

つわり中の妊娠線ケアは、上記でも説明したように気分の良いとき、気が向いたときになどに娠線予防の保湿クリームやオイルなどを使って軽くマッサージをする程度のケアを行いましょう。

つわりはたいてい妊娠24ヶ月で収まりますが、つわりが収まる時期も個人差があり、中には臨月までつわりに苦しむ人もいます。お腹が大きくなってきてもまだつわりの症状が続いているようなら、早急に妊娠線ケアを始めた方が良いといえます。

その際に使用する妊娠線クリームは、グレープフルーツやレモンなど柑橘系の香りのクリームをチョイスして使用するようにしましょう。そうすることで、少しでも匂いで気持ち悪くなるのを抑えることができます。

 

 妊娠線ができてしまっても気にしない

毎日しっかりケアしていても妊娠線が、出来てしまう時はあります。だからといって、悩んだり落ち込んでしまえばストレスになってしまい、お腹の赤ちゃんに良くありません。出来てしまったのだからしょうがないと考え、妊娠線の数がそれ以上増えないように引き続きケアを続けましょう。妊娠線は一生残ると言いますが、日本人の肌の白さだとそこまではっきりと目立たないですし、現在では出来てしまった妊娠線を目立たなくする方法もあります。また、少しの妊娠線であれば、本来ならばもっと出来るはずだった妊娠線をここまで抑える事が出来たと前向きに考えればまたケアする気持ちも出てきます。

妊娠線を発見したときは、全身をチェックして他の部分にもできていないかを確認しましょう。もし他の部分にも妊娠線ができていたら、その箇所を重点的にケアするようにします。

それと同時に急激に体重が増加していないか、肌の乾燥の原因となる冷えをもたらすような肌の露出が多い服を着ていないかなど、再度思い当たる部分は改めるよう気をつけましょう。

 

 

より効果的なケアをしよう!妊娠線ケアのポイント

 

妊娠線のケアにはいくつか方法があります。こちらでは、4つの妊娠線ケアの方法とポイントを紹介します。

 

 体重のコントロール

体重管理は一番の妊娠線対策になります。急激に体重が増加してしまうと、その分お腹も大きくなり、皮膚に負担をかけ妊娠線ができやすくなってしまいます。また、病院でも指導されるように、妊娠中健康に過ごすためには体重は必要以上に増え過ぎてはいけません。体重は緩やかなカーブを描くように増加するよう心がけましょう。健康のためにも妊娠線予防のために体重には気を配り、妊娠5ヶ月頃の安定期に入ったら軽い散歩やマタニティヨガなどの運動を積極的に取り入れることをおすすめします。

食事のメニューを工夫して栄養バランスを整えたりすることも体重のコントロールに効果的です。無理しない程度に自分にあった方法を日々実践していきましょう。

 

 サポート下着を使用する

マタニテイ用のガードルや腹帯は、大きくなるお腹を支えるだけでなく、お腹の皮膚が急激に伸びるのを防いでくれるので、妊娠線予防にもつながります。また、腰痛対策にも有効的です。保湿剤と合わせて使用することで皮膚の乾燥も防ぐことができますし、冬場は冷え対策にもなります。ガードルや腹帯には、さまざまな種類があるので、季節や生活シーンにあわせて、自分に合ったものを選びましょう。

それぞれのタイプの特徴を簡単にまとめたので、参考にしてください。

 

▽腹帯タイプ

保湿力が高く、ソフトなつけ心地が特徴。 個人差のあるお腹にしっかりフィットして、優しくサポートしてくれます。

 

▽ガードルタイプ

サポート力が高く、外出の時もしっかりお腹の重みを支えてくれるのが特徴。仕事をしていたり、外出の多い方にオススメです。

 

 正しい姿勢を心がける

妊娠するとお腹が重くなるため、前傾姿勢になりがちです。前傾姿勢はお腹の皮膚に負担がかかりやすく、妊娠線ができる原因になってしまう可能性があります。

逆に、重心を後ろにして背中を反った姿勢も、腰を痛めやすくなるので、重心は体の中心に置くように心がけましょう。

上から引っ張られるように意識すると自然と姿勢は良くなります。姿勢が良くなると、お腹の皮膚に無駄な負担がかからないだけでなく、腰痛対策にも効果的ですので、意識的に姿勢を気をつけてみてください。

 

 全身を保湿する

妊娠線予防に保湿は必要不可欠です!一番重要といっても過言ではありません。妊娠線はお腹以外にもバスト・二の腕・おしり・太ももなどにもできるので、乾燥が気になる部分には入念に妊娠線予防クリームなどの保湿剤を塗って潤いを与えてあげましょう。

お風呂上がりにゆったりした気持ちで体に塗ると、リラックス効果もあります。保湿ケアは毎日続けることが大切なので、朝晩2回継続して続けると良いです。

 

▽保湿剤の選び方

最近では妊娠線予防専用クリームがさまざまなメーカーから発売されているため、どれを買ったらよいか迷ってしまいますよね。妊娠線予防専用クリームは、コラーゲンやビタミンなどを含んでいて、高い保湿効果があるだけでなく美容成分もあるのが特徴といえます。ただし、値段はピンキリですし、高いから良いというわけでもありません。妊娠線を予防するための保湿ケアは、毎日継続することが重要なので、無理のない価格帯のものを選ぶようにしましょう。

また乾燥しやすいという方には、オイルもオススメです。オイルと妊娠線専用クリームを併用することで、より高い保湿効果も得られるのでオススメです。

恵比寿美容クリニック

院長 能登谷 翔

経歴
2005年4月武蔵野大学薬学部薬学科(入学)
2008年4月東海大学医学部医学科(入学)
2014年4年独立行政法人東京都健康長寿医療センター勤務
2016年10月恵比寿美容クリニック勤務
所属学会
日本形成外科学会 会員
日本整形外科学会 会員
妊娠線・肉割れ治療の相談

関連記事

こんなに抜けて大丈夫?ヤバイ抜け毛とは

通常、人間の髪の毛は1日で50~100本…

2018/07/03 詳しく読む

クマとストレスの関係とは?ストレスによるクマ対策について

寝不足や疲れたときにクマができることが多…

2018/07/03 詳しく読む

クマにパックは効果的?目もとパックの選び方とセルフケアの方法

寝ているはずなのにクマができている……そ…

2018/07/03 詳しく読む
24時間
受付
あなたのお悩みご相談ください。
ご来院ご予約はこちら!
×
送信

カウンセリング無料!
あなたのお悩み、全力でサポートします。