美容皮膚科・薄毛治療の恵比寿美容クリニック | 妊娠線(肉割れ)のケア方法とは?予防や改善に役立つ正しい知識を身につけよう!

恵比寿駅西口から徒歩3分

診療時間 平日:10:00-20:00/土日祝:10:00-19:00

初めての方 専用電話窓口 0120-249-272

アフターフォロー 専用電話窓口 03-6712-7881

妊娠線(肉割れ)のケア方法とは?予防や改善に役立つ正しい知識を身につけよう!

妊娠線や肉割れは一度できるとなかなか消えにくいという特徴があります。ただ、スジを予防・改善するためのケア方法がないわけではありません。今回は、妊娠線(肉割れ)のケアに役立つ情報をわかりやすくお伝えしていきます。

2018/07/08

Supervising doctor:
恵比寿美容クリニック 院長 能登谷 翔

妊娠線(肉割れ)ができる仕組み

妊娠線は、妊娠中にお腹が大きくなるときに皮膚が引き伸ばされ、内部で断裂が起きるためにできるスジです。妊娠中ではない場合も、急激に体重が増加すると同じ仕組みによって肉割れが生じることがあります。

人間の肌は、大きく分けて表皮・真皮・皮下組織の3つで構成されています。皮膚表面の表皮には柔軟性があるため、体重が増加しても伸長することができます。しかし、柔軟性が乏しい真皮は伸長に耐えることができずに断裂してしまいます。

妊娠線(肉割れ)は真皮の断裂が原因でできるものであり、初期のうちは毛細血管が透けて赤紫色のスジになります。出産後には徐々に白色に近づいていきますが、肌の表面にデコボコが残りやすいです。

妊娠線(肉割れ)は、脂肪が多いお腹や胸、太ももなどで生じやすい特徴があり、できるスジはスイカの模様やミミズ腫れに似ているといわれています。

 

妊娠線・肉割れ治療の相談

妊娠線(肉割れ)の予防的なケア

妊娠線(肉割れ)の予防的なケアについては確立された方法がありませんが、体重の増加量に気を配ることは有効だと言えます。妊娠中に体重が増えていくのは自然なことですが、もともとの体格に応じた体重増加量の目安はあります。

BMIが18.5未満(やせ)の方は9〜12kg18.5以上25.0未満(普通)の方は7〜12kgが、妊娠時に推奨される体重増加量です。BMI25.0以上の場合は個別対応とされています。体重が増えないことも悪影響がありますが、程よい範囲で体重が増加するように調整してみましょう。

そのほか、少しでも妊娠線(肉割れ)ができる可能性を下げるために、次のような予防法が広く用いられています。

・オイルやクリームを塗る
・肌のマッサージをする

妊娠線(肉割れ)予防には、オイルやクリームを使って保湿に力を入れるケア方法があります。安定期以降には軽いマッサージを行う方もいます。

予防的なアプローチとしては、まず過剰な体重増加を避けることが基本ですが、基本のスキンケアという意味では乾燥を予防するために使用するのもいいかもしれませんね。

 

妊娠線(肉割れ)ができたときのケア

妊娠線(肉割れ)ができてからオイルやクリームでケアを始める方も多いです。肌の保湿によってお肌のリズムを促し、妊娠線(肉割れ)を防ごうという考え方に基づいています。

しかし、妊娠線(肉割れ)ができてしまったあとでは、セルフケアによる改善はあまり効果が期待できません。自分でできる方法ではどうしても肌の表面的なケアになってしまうためです。妊娠線(肉割れ)は真皮層に断裂が起きた状態であるため、肌内部に働きかけて根本から治すことは難しいのです。

妊娠線(肉割れ)のケアを考えるときは、予防に重点を置き、すでにスジができてしまった場合は、医療機関での治療を検討してみると良いでしょう。

 

病院で受ける妊娠線(肉割れ)の治療

妊娠線(肉割れ)ができてしまったら、病院で治療を受けることで治す方法もありますが、クリニックの治療であればすべての効果が望めるわけではありません。

クリニックの中には妊娠線(肉割れ)の治療にレーザーを用いるところもありますが、レーザーの熱によって真皮の断裂をケアすることは難しいです。高額な費用を支払って受けた治療でも、思ったような効果が得られないという方も中にはいらっしゃいます。

当院では、妊娠線(肉割れ)の治療には「血流改善ガス」を使用しています。世界の治療技術に目を向け、ようやく辿り着いた方法が血流改善ガスを使った治療法でした。

治療では、妊娠線(肉割れ)のできている部位に血流改善ガスを注入することによって真皮の血流が改善され、肌の代謝が向上します。

肌に対し、ガスによって一時的にダメージが加えることで、コラーゲンの産生が促されます。真皮に直接働きかけることで、高い治療効果が期待できるのです。

治療時間は10分ほどであり、ガスは1カ所から極細の針で注入します。一度の注入で広い範囲に行き渡り、ガスは効果を発揮すると肌から抜けていくため、比較的負担が少ない治療法といえます(※注入箇所や量で個人差が出る可能性あり)。

妊娠線(肉割れ)によって肌にコンプレックスを抱えながら過ごしている方は、短時間で終わる血流改善ガスによる治療が、肌の自信を取り戻す手助けになるのではないでしょうか?

恵比寿美容クリニック

院長 能登谷 翔

経歴
2005年4月武蔵野大学薬学部薬学科(入学)
2008年4月東海大学医学部医学科(入学)
2014年4年独立行政法人東京都健康長寿医療センター勤務
2016年10月恵比寿美容クリニック勤務
所属学会
日本形成外科学会 会員
日本整形外科学会 会員
妊娠線・肉割れ治療の相談

関連記事

こんなに抜けて大丈夫?ヤバイ抜け毛とは

通常、人間の髪の毛は1日で50~100本…

2018/07/08 詳しく読む

クマとストレスの関係とは?ストレスによるクマ対策について

寝不足や疲れたときにクマができることが多…

2018/07/08 詳しく読む

クマにパックは効果的?目もとパックの選び方とセルフケアの方法

寝ているはずなのにクマができている……そ…

2018/07/08 詳しく読む
24時間
受付
あなたのお悩みご相談ください。
ご来院ご予約はこちら!
×
送信

カウンセリング無料!
あなたのお悩み、全力でサポートします。