美容皮膚科・薄毛治療の恵比寿美容クリニック | 尋常性白斑の原因はストレス!?正しい知識を身に付けて悪化を防ごう

恵比寿駅西口から徒歩3分

診療時間 平日:10:00-20:00/土日祝:10:00-19:00

初めての方 専用電話窓口 0120-249-272

アフターフォロー 専用電話窓口 03-6712-7881

尋常性白斑の原因はストレス!?正しい知識を身に付けて悪化を防ごう

突然、皮膚の一部の色が抜け落ちてしまう白斑。その中でも尋常性白斑と呼ばれるものがあります。一度できてしまうと経過が長く、目立つ部分に現れたケースでは対人関係などへの恐怖心や不安感を抱いてしまう方も少なくないなど、心身ともに大きな影響をもたらす皮膚疾患です。今回はこの尋常性白斑の原因やストレスとの関係性などについて解説いたします。

2018/07/03

Supervising doctor:
恵比寿美容クリニック 院長 能登谷 翔

尋常性白斑とは

 

皮膚の色素細胞である「メラノサイト」が、何らかの原因によって破壊・消失・減少してしまうことで皮膚の一部の色が抜け落ちて白くなってしまう皮膚疾患を「白斑」と言いますが、尋常性白斑とはそのうち「後天性」のものを指します。

 

尋常性白斑は単に「白斑」と呼ばれたり、「白なまず」などと呼ばれることもあります。白斑患者のおよそ6割を占めており、日本全体ではおよそ120万人~240万人もの患者がいると言われています。発症する年齢は乳幼児から高齢者まで幅広いのですが、特に10代~30代が多く、男女差はほとんどないようです。

 

《尋常性白斑の症状》

くっきりと色が抜け落ちてしまうため、正常な皮膚との色の境界線がはっきり確認できるケースが多く、顔、首、腕、足など体の様々な部位に現れます。大きさや形はまばらで、複数の白斑が重なることでより大きな白斑になることもあります。

 

 

白斑治療の相談

尋常性白斑の原因について

尋常性白斑の原因についてはっきりとしたことはまだ分かっていませんが、次のようなことが考えられています。

 

《自己免疫の異常によるもの》

日焼け、やけど、過度な摩擦など皮膚がストレスと感じる刺激を受けた際に自己免疫機能に何らかの変化が起こり、異常をきたした自己免疫が本来であれば攻撃しないはずの色素細胞(メラノサイト)を攻撃してしまうことでメラニン色素が生成されなくなり、色が抜け落ちてしまうのではないかというものです。

 

《自律神経の異常によるもの》

近年の研究によって皮膚を通る神経とメラノサイトは”繋がっている”ことが判明しています。白斑が現れる部位が神経の通り道であることが多いことや、白斑が現れた部分に発汗異常など自律神経系が変化した時の症状が現れることからも、自律神経の乱れによって白斑ができてしまうのではないかというものです。

 

《遺伝によるもの》

家族の中で複数人が白斑を発症する例が多数あり、遺伝子検査を行ったところ「HLA-DR4」という共通の特殊な遺伝子を持っているケースが多いということが分かっています。

 

尋常性白斑の発症には、主にこの「自己免疫」「自律神経」「遺伝」が深く関わっているのではないかと考えられています。しかし、ほかにも白斑の部分の皮膚細胞においては活性酸素を除去する力が低下してしまっているという研究結果も報告されており、活性酸素が皮膚細胞の中に留まり続けることでメラニン色素が減ってしまい、色が抜け落ちてしまうのではないかというものです。

 

 

ストレス解消は症状の悪化防止につながる

 

尋常性白斑の原因にはこのように諸説がありますが「発症するきっかけ」として注目されているのが「ストレス」です。

 

紫外線、やけど、過度な摩擦など皮膚への直接的なストレスもそうですが、日常生活の中で受ける精神的なストレス、肉体的なストレスも発症のきっかけとなってしまうケースがあります。さらに、顔や首、腕など露出をする機会が多く、他人の目につきやすい部分に発症してしまうことでそれもストレスとなり、症状を悪化させてしまう原因となるようです。

 

「ストレス社会」と言われるほど日常生活でストレスを受ける場面は非常に多いものです。ゼロにすることは不可能に近いことかも知れませんが、解消する方法を見つけることで症状の悪化を防いだり、発症のきっかけを抑えることができる可能性があります。

 

ジョギング、旅行、温泉、音楽、読書、映画…ストレス解消方法は人によって様々ですが、白斑のみならず「健康」という面においても何かしら自分なりのストレス解消方法を見つけておくことは大切です。

 

 

自分で抱え込むのはNG!すぐに医師に相談しよう

 

尋常性白斑ができてしまった場合、目立ちにくくするという意味で紫外線対策をしっかり行って日焼けを防いだり、メイクをして隠すという方法がありますが、残念ながら現時点では尋常性白斑に対する効果的な予防方法というものが存在しません。

 

治療方法としては紫外線照射療法、ステロイド系抗炎症外用薬の塗布などがメインに用いられています。また、最終手段のような位置づけになりますが、本人の正常な皮膚を白斑の部分に移植する手術が行われるケースもあります。

 

いずれにしても、治癒を目指すのであれば早期に発見し、早期に治療に入ることが大切です。決して自分ひとりで抱え込まずに、すぐに皮膚科などの専門医に相談をするようにしましょう。

恵比寿美容クリニック

院長 能登谷 翔

経歴
2005年4月武蔵野大学薬学部薬学科(入学)
2008年4月東海大学医学部医学科(入学)
2014年4年独立行政法人東京都健康長寿医療センター勤務
2016年10月恵比寿美容クリニック勤務
所属学会
日本形成外科学会 会員
日本整形外科学会 会員
白斑治療の相談

関連記事

こんなに抜けて大丈夫?ヤバイ抜け毛とは

通常、人間の髪の毛は1日で50~100本…

2018/07/03 詳しく読む

クマとストレスの関係とは?ストレスによるクマ対策について

寝不足や疲れたときにクマができることが多…

2018/07/03 詳しく読む

クマにパックは効果的?目もとパックの選び方とセルフケアの方法

寝ているはずなのにクマができている……そ…

2018/07/03 詳しく読む
24時間
受付
あなたのお悩みご相談ください。
ご来院ご予約はこちら!
×
送信

カウンセリング無料!
あなたのお悩み、全力でサポートします。