美容皮膚科・薄毛治療の恵比寿美容クリニック | 尋常性白斑は子供にも発症する!?突然肌がまだらになったときの対処法

恵比寿駅西口から徒歩3分

診療時間 平日:10:00-20:00/土日祝:10:00-19:00

初めての方 専用電話窓口 0120-249-272

アフターフォロー 専用電話窓口 03-6712-7881

尋常性白斑は子供にも発症する!?突然肌がまだらになったときの対処法

尋常性白斑って?危ない病気? このページでは、子供が発症する尋常性白斑について、対処法を含めて解説していきます。 大事なお子さんに症状がある場合はぜひ最後まで記事を読んでいただきたいと思います。

2018/07/03

Supervising doctor:
恵比寿美容クリニック 院長 能登谷 翔

尋常性白斑とは

 

そもそも尋常性白斑とは何でしょうか?別名、後天性白斑やシロナマズと呼ばれています。

肌の色素である「メラノサイト」が少なくなることで、肌の一部が白くまだらになってしまうというのが主な症状になります。

白斑の症状が出ている患者の約6割が尋常性白斑と診断されており、珍しい病気ではありませんが、実は発症の原因はいまだにハッキリしていないのが現実です。

 

 

白斑治療の相談

子供の尋常性白斑はなぜ起こるのか?

 

子供の尋常性白斑の原因

確実な原因は解明されていませんが、子供が発症する尋常性白斑の主な原因は自己免疫細胞の異常や過度のストレスが多いと言われています。発症後、白斑を気にしてストレスを溜め込み進行をはやめてしまうこともあるそうです。

また、神経異常が原因で活性酸素を除去する機能低下により色素細胞が壊れるという説などがあります。活性酸素とは電子構造が不安定になっている酸素です。活性酸素は電子構造を安定させるために、あたりの分子から電子を奪ってしまいます。これにより、細胞が正常に働かなくなるのです。

 

 

突然肌がまだらに!?子供の尋常性白斑の症状

 

尋常性白斑は、肌の一部の色がぬけて白くなる、という症状があります。神経のまわりから白斑があらわれる場合か、皮膚が刺激を受けやすい部分から広がる場合があります。

このような症状は、自己免疫が誤って作動し、色素を生成する細胞(メラサイト)を攻撃する抗体が生まれてしまい、色素を作ることが出来なくなっている状態です。白斑は生死に直結する病気ではありませんが、自己免疫に不具合があった場合白斑以外にも症状が現れる可能性もあります。

 

 

もし肌がまだらになったらどうすればいい?

 

もし子どもの肌の色がまだらになり、白斑の症状が現れたら、どのように対処したら良いのでしょうか?

 

  • 早急に病院につれていきましょう。

尋常性白斑の治療方法は、外用薬、内服薬、照射療法、手術などがあります。子供に使用すると副作用がでやすい治療もあるので、信頼できる医師と相談しながら長い目でみた治療をおすすめします。

 

  • 精神的なケアをこころがけましょう。

白斑は外見でわかる病気です。目立つ場所に発症した場合、まわりから心無い言葉が発せられるかもしれません。なので、しっかりケアをし、過ごし安い生活環境を整えることが一番大切なのかもしれません。

恵比寿美容クリニック

院長 能登谷 翔

経歴
2005年4月武蔵野大学薬学部薬学科(入学)
2008年4月東海大学医学部医学科(入学)
2014年4年独立行政法人東京都健康長寿医療センター勤務
2016年10月恵比寿美容クリニック勤務
所属学会
日本形成外科学会 会員
日本整形外科学会 会員
白斑治療の相談

関連記事

こんなに抜けて大丈夫?ヤバイ抜け毛とは

通常、人間の髪の毛は1日で50~100本…

2018/07/03 詳しく読む

クマとストレスの関係とは?ストレスによるクマ対策について

寝不足や疲れたときにクマができることが多…

2018/07/03 詳しく読む

クマにパックは効果的?目もとパックの選び方とセルフケアの方法

寝ているはずなのにクマができている……そ…

2018/07/03 詳しく読む
24時間
受付
あなたのお悩みご相談ください。
ご来院ご予約はこちら!
×
送信

カウンセリング無料!
あなたのお悩み、全力でサポートします。