美容皮膚科・薄毛治療の恵比寿美容クリニック | 尋常性白斑は完治できる!?尋常性白斑の治し方と向き合い方

恵比寿駅西口から徒歩3分

診療時間 平日:10:00-20:00/土日祝:10:00-19:00

初めての方 専用電話窓口 0120-249-272

アフターフォロー 専用電話窓口 03-6712-7881

尋常性白斑は完治できる!?尋常性白斑の治し方と向き合い方

皮膚の一部が白く抜け落ちてしまう「尋常性白斑」。できてしまうと、とても憂鬱になってしまうものです。この尋常性白斑とはそもそもどういう病気なのでしょうか?また、完治することは可能なのでしょうか?治療方法や尋常性白斑との上手な向き合い方なども解説して行きます。

2018/07/03

Supervising doctor:
恵比寿美容クリニック 院長 能登谷 翔

そもそも尋常性白斑とは?

 

「尋常性白斑」は単に「白斑」と呼ばれたり、「白なまず」と呼ばれることもあります。皮膚病の一種で、皮膚の色素が突然抜けてしまい、顔、腕、足などに現れるまばらな大きさの白い斑点のことです。

 

尋常性白斑は部分的に現れるため、顔などの外見上目立ってしまう部分にできてしまうと、外出や人に会うことに対してある種の恐怖感や不安感を抱いてしまう方も少なくありません。また、大きさはまちまちですが、複数の白斑が集中して大きな白斑を作ってしまうこともあります。

 

尋常性白斑には3つの型があります。

 

<非分節型>

神経支配領域と関係なく生じるタイプです。指趾顔面型、2病変部以上の粘膜型、汎発型、全身型、混合型が含まれます。

 

<分節型>

神経支配領域に一致して片側性に生じるタイプです。分節が複数になることもあります。

 

<未分類型>

限局性に一カ所のみに生じた白斑のことを言います。限局型と1病変のみの粘膜型が含まれます。

 

 

白斑治療の相談

尋常性白斑が出来る原因

 

尋常性白斑が出来てしまうのはなぜでしょうか?はっきりとした原因は分かっていないものの、主に次の4つが関わっているのではないかと考えられています。

 

《自己免疫性疾患》

皮膚にとってのストレス(日焼け・ヤケド・ケガなど)が過度にかかってしまうことで、免疫細胞が異常反応を起こしてしまうことがあります。異常反応を起こした免疫細胞は、メラノサイトと呼ばれる皮膚の色素細胞を「異物」であると認識してしまい、攻撃を開始、最終的には破壊してしまいます。本来、メラノサイトで作られるメラニン色素が肌の色を作っているのですが、メラノサイトが攻撃されることでメラニン色素が作られなくなってしまい、脱色してしまうということです。

 

《薬剤・化学物質》

フェノール化合物、クレゾール、塩化水銀アミドなどの化学物質は白斑を招きやすいと言われています。また数年前に大きな話題となりましたが、医薬部外品の有効成分のひとつロドデノールが配合された美白化粧品を使用した人に次々と白斑の症状が現れ、自主回収に迫られた事件などもあります。

 

《神経系の異常》

皮膚を取っている神経に沿って白斑が現れることや、白斑を発症している人が同時に発汗異常など神経系の異常に起因すると考えられる症状を併発していることなどから、自律神経の乱れなどが原因という説もあります。

 

《遺伝》

親族間において白斑を発症している確率は比較的高く、遺伝子を分析してみると”ある特定の共通の遺伝子”を持っているケースが多かったことから、遺伝によるものの可能性も指摘されています。

 

 

尋常性白斑の治し方

 

尋常性白斑は難病にも指定されている完治が困難な病気のひとつです。自然治癒することはないと言われていますが、現在では様々な治療方法が開発され、治癒率は高くなっているとされています。

 

《紫外線療法》

ナローバンドUVBという紫外線を照射する方法で、現在の白斑治療の中心となっている方法です。紫外線を照射して日焼けをさせるものではなく、紫外線による免疫抑制作用を利用することで、自己免疫反応を抑えることが目的となっています。

 

《内服薬》

皮膚炎に対して効果が高いと言われているステロイドホルモン剤を内服する治療方法です。白斑が広がるのを抑える効果が期待できますが、長期間の内服では副作用も指摘されています。

 

《外用薬》

白斑がまだ新しいタイミングであれば、ステロイド外用薬を採用することもあります。内服用のステロイド剤とは違い、副作用が少ない弱めのステロイド軟膏を塗ることになりますが、発症から何年も経過した古い白斑に対しては効果が期待できないと言われています。

 

《皮膚移植》

正常な部分の皮膚を白斑の部分に移植するというものです。基本的には本人の皮膚を用いますので回復が見込めますが、必ずしも安全であるとは言い切れない部分があるようです。

 

《細胞治療》

自分の正常な皮膚から細胞を採取し、患部へ定着させます。定着させることで、メラノサイトがメラニンを生成し、肌の色を再生させるという治療法です。まだ日本ではこの治療を取り入れている病院は少ないですが、海外では実用されている治療で、改善されたという報告が多数あると言われています。

 

そのほか、世界的には外用療法として「免疫抑制剤」や「活性型ビタミンD3」などもあります。国内の病院でもこれらの治療方法を採用しているところがありますが、保険適用外のケースもありますので治療を受ける際は事前に確認をしましょう。

 

このように、様々な治療方法があります。難病に指定されてはいますが、皮膚科医とよく相談して、最適な治療を根気よく続けることが大切です。

 

 

尋常性白斑への向き合い方

 

白斑が出来てしまうと落ち込んでしまったり、自分に自信をなくしてしまったり、どうしてもマイナスの方向に作用してしまいがちです。しかし、今回ご紹介したように治療方法もどんどん進歩してきていますし、治癒率も高くなっています。諦めずに根気よく、治療を続けましょう。

 

また、白斑がそこまで広くない場合や、顔、首、腕、足など特に露出する機会が多く、かつ目立ってしまう場合などは化粧で隠す方法もあります。

 

通常の化粧品で隠しきれない場合は白斑などの皮膚疾患やヤケド痕、傷痕などを隠すためのカバーメイクと呼ばれる用品や化粧方法もありますので、販売員などに相談をしてみるのも良いでしょう。

 

カバーメイクは治療にはなりませんが、うまく隠すことができれば俄然、前向きになれますので、これまで通り人生を楽しむことができます。

 

治らなくても隠せる、根気よく治療を続ければ治癒する可能性が高い、という希望を持って尋常性白斑と上手に向き合って行きましょう。

恵比寿美容クリニック

院長 能登谷 翔

経歴
2005年4月武蔵野大学薬学部薬学科(入学)
2008年4月東海大学医学部医学科(入学)
2014年4年独立行政法人東京都健康長寿医療センター勤務
2016年10月恵比寿美容クリニック勤務
所属学会
日本形成外科学会 会員
日本整形外科学会 会員
白斑治療の相談

関連記事

こんなに抜けて大丈夫?ヤバイ抜け毛とは

通常、人間の髪の毛は1日で50~100本…

2018/07/03 詳しく読む

クマとストレスの関係とは?ストレスによるクマ対策について

寝不足や疲れたときにクマができることが多…

2018/07/03 詳しく読む

クマにパックは効果的?目もとパックの選び方とセルフケアの方法

寝ているはずなのにクマができている……そ…

2018/07/03 詳しく読む
24時間
受付
あなたのお悩みご相談ください。
ご来院ご予約はこちら!
×
送信

カウンセリング無料!
あなたのお悩み、全力でサポートします。