美容皮膚科・薄毛治療の恵比寿美容クリニック | 正中線はいつからできる?妊娠した後の正中線ケアと予防法とは

恵比寿駅西口から徒歩3分

診療時間 平日:10:00-20:00/土日祝:10:00-19:00

初めての方 専用電話窓口 0120-249-272

アフターフォロー 専用電話窓口 03-6712-7881

正中線はいつからできる?妊娠した後の正中線ケアと予防法とは

妊娠中のお腹に走る「正中線」は、いつからできるのでしょうか。妊娠線との違いは?ここでは正中線の正体と、産後も消えない方のためのケア方法、予防法を紹介します。

2018/07/03

Supervising doctor:
恵比寿美容クリニック 院長 能登谷 翔

正中線って何?正中線の原因や症状

 

正中線とは、腹部の中央、へその部分を縦に通るメラニン色素の線です。妊娠中に目立ちますが、実は妊娠して初めて発生するわけではありません。生まれた時から男女関係なく存在しています。ただ色が薄く、見た目にわからないだけです。

 

妊娠中は正中線が濃く目立ちます。腹部が大きくなり薄くなった皮膚、ホルモンバランスの変化によるメラニン色素の蓄積などが原因です。

 

正中線の正体は、胎児の頃の細胞分裂の名残です。他にも同様の名残が身体の中央部にいくつか残っています。鼻の下の筋やあご先の割れ目もその一つです。

 

正中線と混同されやすいものに、妊娠線があります。正中線はメラニン色素でできている一方、妊娠線は急激に引き延ばされた皮膚が裂けてできます。正中線は触っても皮膚の他の部分と変わりませんが、妊娠線はデコボコとした感触があります。

 

 

妊娠線・肉割れ治療の相談

正中線はいつからできる?

 

正中線はいつから目立ち始めるのでしょうか。個人差はありますが、妊娠5カ月を過ぎたころが多いようです。妊娠に伴うホルモンバランスの変化により、体内のメラニン色素が増大し、正中線も濃く目立つようになります。

 

もちろん、ホルモンバランスの関係する現象なので、正中線が目立たないまま出産を迎える人もいます。日焼けしにくい人、肌の代謝がいい人はあまりメラニンを蓄積させず、色素沈着が起きにくい体質のため、正中線が目立たないことがあります。

 

通常産後3カ月から1年ほどで、ホルモンバランスが安定します。多くの人はそこで正中線が目立たなくなります。しかし、中々正中線が消えずに困っている人もいます。

 

 

正中線が消えない人はコレがおすすめ!

 

通常、産後3カ月から1年で目立たなくなる正中線ですが、産後の生活習慣や、年齢による肌の代謝低下などが原因で、中々消えずに困っている方も多いのではないでしょうか。ここでは、何かと忙しい産後でもできる、おすすめの産後正中線ケア方法を紹介します。

 

クリームで腹部を保湿。

肌の新陳代謝を促進することで、蓄積したメラニン色素を排出します。手軽な方法として保湿用クリームがあります。なかでも葉酸(ビタミンB群のひとつ)入りのクリームがおすすめです。葉酸は新陳代謝を促進する効果が高いとされています。

腹部と顔は皮膚の厚みが違って浸透しにくくなるため、全身用のクリームを使用しましょう。正中線専用のクリームも市販されています。自分に合うクリームを試してみるといいでしょう。

 

ファンデーションで一時的に隠す

「プールや温泉に行きたいけど、正中線が気になる」という方もいると思います。ケアを万全にして新陳代謝を高めても、まだ正中線が消えていなければ、ファンデーションで隠すのも選択肢のひとつです。

正中線をファンデーションで隠すことは一時しのぎの対策ですが、見せたくない正中線を見せるよりも、精神的に安定します。必要に応じてファンデーションを塗り、きちんとケアを継続していれば、正中線は直に目立たなくなります。また、使用後はクレンジングできれいに落としておきましょう。

 

 

正中線のケアはいつから効果的?事前に予防するためのケア方法

 

正中線のケアはいつから行えば事前に予防ができるのでしょうか。

正中線のケアは、産後と基本的に同様で、肌の新陳代謝を高めるために行います。出産前であれば産後より比較的時間がとりやすいため、生活習慣に関連した正中線の予防・ケア方法を紹介します。

 

 ビタミンCの摂取

まずは、ビタミンCを積極的に摂取しましょう。ビタミンCにはメラニン色素を抑制する働きがあります。ビタミンCを多く含む食品の例には、レモン、アセロラ、赤ピーマン、トマト、ブロッコリーが挙げられます。

 

 葉酸の摂取

上で触れた葉酸も効果的です。納豆、いわし、レバー、モロヘイヤなどに多く含まれています。2つのビタミンを積極的に摂取することで、メラニン色素の抑制、新陳代謝の促進という正中線予防に最適な効果が期待できます。

葉酸は食事から摂取すると吸収量に幅があります。そこで、サプリメントで摂取することも選択肢の一つです。また、厚生労働省による葉酸の1日当たりの上限摂取量は1mgとなっているため、過剰摂取には注意が必要です。

 

睡眠時間の確保

睡眠時間を多くとることも重要です。産後は時間も取れなくなるため、出産前はたっぷり睡眠しましょう。17時間以上が目安です。「肌のゴールデンタイム」である午後10時から午前2時の間に眠っていることで、さらなる新陳代謝の促進が期待できます。

 

これまで正中線のケア方法を紹介してきましたが、正中線をいつからケアすべきなのかを詳しくご理解いただけたのではないでしょうか。

まとめると、すべて「メラニンの抑制」「肌の新陳代謝の促進」を目的にしています。規則正しい生活習慣とバランスのとれた食事を実践することで、正中線だけでなく、妊娠中、産後の体調安定にも繋がります。ぜひとも心がけていきましょう。

恵比寿美容クリニック

院長 能登谷 翔

経歴
2005年4月武蔵野大学薬学部薬学科(入学)
2008年4月東海大学医学部医学科(入学)
2014年4年独立行政法人東京都健康長寿医療センター勤務
2016年10月恵比寿美容クリニック勤務
所属学会
日本形成外科学会 会員
日本整形外科学会 会員
妊娠線・肉割れ治療の相談

関連記事

こんなに抜けて大丈夫?ヤバイ抜け毛とは

通常、人間の髪の毛は1日で50~100本…

2018/07/03 詳しく読む

クマとストレスの関係とは?ストレスによるクマ対策について

寝不足や疲れたときにクマができることが多…

2018/07/03 詳しく読む

クマにパックは効果的?目もとパックの選び方とセルフケアの方法

寝ているはずなのにクマができている……そ…

2018/07/03 詳しく読む
24時間
受付
あなたのお悩みご相談ください。
ご来院ご予約はこちら!
×
送信

カウンセリング無料!
あなたのお悩み、全力でサポートします。