美容皮膚科・薄毛治療の恵比寿美容クリニック | 気づいたときには白い斑点が広がっている!?白い斑点の正体と前兆症状

恵比寿駅西口から徒歩3分

診療時間 平日:10:00-20:00/土日祝:10:00-19:00

初めての方 専用電話窓口 0120-249-272

アフターフォロー 専用電話窓口 03-6712-7881

気づいたときには白い斑点が広がっている!?白い斑点の正体と前兆症状

ある日突然、一部白くなった肌を発見すると驚いてしまいますよね。 最初は、皮が剥けたのかな?と放置していてもなかなか治らないしなんだか広がったように感じたら、それはもしかすると白斑という病気かもしれません。こちらでは、白い斑点の正体と前兆症状について紹介します。

2018/07/03

Supervising doctor:
恵比寿美容クリニック 院長 能登谷 翔

皮膚にできた白い斑点の正体は?

 

皮膚にできた白い斑点の正体は、皮膚が部分的に白くなる白斑(はくはん)という皮膚病の一つの可能性があります。白斑とは、何らかの原因によって、肌の色素細胞であるメラノサイトが減少したり消失したりすることで、皮膚の色が部分的に白くなってしまい、精神的にも辛くなってしまう病気と言えます。白斑には痛みやかゆみはありませんが、見える部分に現れるとその部分だけやたらと白いため気になってしまう病気です。古くから「白なまず病」とも呼ばれ、治りにくい病気の一つとされており、難病ともいわれています。

 

白斑治療の相談

白斑が出来る原因とメカニズム

 

皮膚に含まれる色素の種類と量のバランスで、人間の皮膚の色は決まっています。主な色素は黒褐色のメラニン色素で、メラニン色素が多いほど肌の色は濃い褐色になっていきます。このメラニン色素は、シミやくすみの原因として疎まれていますが、本来は紫外線から肌を守り皮膚がんや老化を防ぐという働きがあるのです。人間の皮膚は、通常、全身の色が均一となっています。これは全身の表皮にある「メラノサイト」という色素細胞がメラニン色素を生成し周辺の皮膚細胞に渡すことで、皮膚の色調が均一に保たれているからなのです。ところが、何らかの原因によって皮膚の一部にメラノサイトの異常が起き、その部分だけメラニン色素が生成されなくなることがあります。そうなってしまうと、周辺の肌色より極端に色の薄い、まだら状の「白斑」が生じます。これが白斑のメカニズムなのです。

白斑ができてしまう原因は、まだはっきり解明されてはいませんが、現状では以下のようなことが原因ではないかと考えられています。

 

自己免疫疾患

自己免疫疾患とは、細菌やウイルスから体を守るためにある免疫(抗体)が、何らかの原因で異常をきたし自分自身の細胞を敵と勘違いして攻撃するために起きる病気です。白斑は、甲状腺疾患などの自己免疫疾患との合併症が多いことと、メラノサイトを攻撃する抗体が高い確率で検出されることなどから、自己免疫と深い関係があると考えられています。

 

神経の異常

白斑は、皮膚の神経の通り道に沿って症状が現れるケースがあるため、その原因も神経の異常や神経系の機能の低下が関係しているのではないかと考えられています。また、神経の末端部分から分泌されるホルモンが、皮膚の色素細胞であるメラノサイトにも影響を与えていると言われています。

 

メラノサイト(色素細胞)の自己破壊

紫外線などの刺激を受けると、メラノサイトがメラニンと呼ばれる色素を生み出してバリアを張り肌を守っています。そのメラニン生成の過程で、代謝されて発生する物質に毒性があり、それをうまく処理できないため白斑が発症するのではないか?という説もあります。

 

活性酸素

皮膚の代謝がスムーズに行われず、活性酸素が増加してしまうと色素細胞(メラノサイト)が傷つくことがあると考えられています。この活性酸素によるダメージも、白斑の原因のひとつとして考えられているのです。

 

遺伝

約20~30%の割合で同じ家系内で白斑の症状が現れるケースがあるため、何か特殊な遺伝子を持っていることも白斑発症の原因として考えられています。

 

ストレス

ストレスによって自律神経がバランスを崩すことも、白斑発症のきっかけになると考えられています。

 

知っておきたい白斑の前兆症状について

 

白斑はいきなり全身に広がるのではなく、徐々に進行していきます。神経の通り道に関係なく、全身の両側に複数の白斑が生じたり(非分節型)、神経の通り道に沿って、体の片側に複数の白斑ができていたら(分節型)病院を受診しましょう。また、体の1ヵ所に限定して白斑が生じるケースもあるので注意が必要です。小さいから大丈夫だろうと放置していると、白斑の数や面積がどんどん拡大してしまいます。そうならないためにも、白斑は早期発見と専門治療でなるべく早期に症状を抑制してしまうことが重要です。

 

白斑が出来てしまったら

 

白斑は過剰な日焼けがきっかけでできてしまったり、メラノサイトやメラニン色素にはたらきかけて肌を白くする美白化粧品を使うと、まれに副作用として白斑様症状(脱色素斑)が起こるケースがあります。白斑ができないようにするためにも、紫外線対策や成分が強過ぎる美白化粧品は避けるなど、日常生活でも気をつけましょう。白斑が出来てしまったら、早めに病院を受診することをオススメします。なぜなら、別の病気が原因で白斑が現われているケースや合併症をともなっているケースもあるからです。急に白斑の数が増えたり、大きく目立つ白斑が現れた、白斑症状とともに体調の悪化があるような場合は、すぐに皮膚科または内科を受診して医師に相談をしてください。

恵比寿美容クリニック

院長 能登谷 翔

経歴
2005年4月武蔵野大学薬学部薬学科(入学)
2008年4月東海大学医学部医学科(入学)
2014年4年独立行政法人東京都健康長寿医療センター勤務
2016年10月恵比寿美容クリニック勤務
所属学会
日本形成外科学会 会員
日本整形外科学会 会員
白斑治療の相談

関連記事

こんなに抜けて大丈夫?ヤバイ抜け毛とは

通常、人間の髪の毛は1日で50~100本…

2018/07/03 詳しく読む

クマとストレスの関係とは?ストレスによるクマ対策について

寝不足や疲れたときにクマができることが多…

2018/07/03 詳しく読む

クマにパックは効果的?目もとパックの選び方とセルフケアの方法

寝ているはずなのにクマができている……そ…

2018/07/03 詳しく読む
24時間
受付
あなたのお悩みご相談ください。
ご来院ご予約はこちら!
×
送信

カウンセリング無料!
あなたのお悩み、全力でサポートします。