美容皮膚科・薄毛治療の恵比寿美容クリニック | 白斑が全身に広がる!白斑の予防と治療方法

恵比寿駅西口から徒歩3分

診療時間 平日:10:00-20:00/土日祝:10:00-19:00

初めての方 専用電話窓口 0120-249-272

アフターフォロー 専用電話窓口 03-6712-7881

白斑が全身に広がる!白斑の予防と治療方法

身体のさまざまな部分に白い斑点ができる白斑。 白なまずとも呼ばれ、突然に皮膚の色素が抜けて白くなる症状が特徴的な皮膚疾患です。 ひどくなると白斑が全身に広がるケースもあるようです。 ここでは、白斑の予防と治療方法について紹介します。

2018/07/03

Supervising doctor:
恵比寿美容クリニック 院長 能登谷 翔

白斑とは

 

私たち人の皮膚の色というのは基本的に、表面の皮に含まれているメラニンの量によって変動しています。このメラニンというのは、皮膚の下のほうにあるメラノサイトという細胞から生成されています。しかし、何かしらの理由でメラノサイトが壊れ、メラニンが消失・減少することで白斑は発生してしまうのです。

 

白斑は、色素が失われる脱色素疾患が生まれつき(先天性)のものと、生まれてから何らかの原因によって発生する後天性の2つに分けられます。後天性のものは尋常性白斑と呼ばれ、白斑患者の約6割を占めるといわれています。

 

白斑の症状は、白くなる部分と正常な皮膚の境界線がはっきりしている場合が多く、その形や範囲もさまざまで、白斑同士が合わさって大きくなり全身に広がるケースもあるようです。

 

はっきりとした原因はまだ判明していませんが、これまでの研究によって原因として考えられるものはいくつかあがってきています。後天的な理由が原因と考えられている尋常性白斑の場合は、自己免疫疾患や神経系の異常、遺伝的なものなどが関係するのではないかと考えられています。

 

 

白斑治療の相談

白斑を引き起こすきっかけ

 

白斑を発症してしまうきっかけとしては、ケガや火傷、他にも日焼けなど、刺激のあるものが皮膚へ加わることによって発症すると言われています。また、ストレスが白斑を悪化させ、全身に広がる場合もあるのです。

 

白斑は、老若男女問わず発症し、発症する時期も、小さい頃に発症したり、大人になってから発症したりとさまざまです。

 

白斑を発症してしまうと、一般的には自然治癒することはないと言われています。しかし、小さい頃に発症した白斑については、自然に治ってしまうケースもあるようです。

 

 

白斑の治療方法

 

エキシマライト

範囲の小さい白斑に有効的な治療法です。従来使用されてきたナローバンドUVBと比較すると100倍以上の強さがあり、より早く白斑に早く効果が出ます。ターゲット型の治療器具で患部のみに照射することができるため、癌や光老化のリスクを抑えることが可能です。

 

ナローバンドUVB

白斑に効果的といわれている、ごく狭い周波数(311~312nm)の紫外線だけを照射する治療法です。この治療法では、ソラレンなどの紫外線吸収剤は不要となります。欧米では一般的に用いられている方法で、白斑だけでなく乾癬やアトピー性皮膚炎など、様々な皮膚疾患に有効とされています。

 

VTRAC

光線治療の一つで、白斑部分にピンポイントで有効な光をあて治療することが可能なため、白斑部分以外の皮膚にダメージが残らないのが特徴です。広範囲の治療には不向きですが、医療機器として厚生労働省の認可も得ている安全な治療機器なので安心です。

 

ステロイド剤

ナローバンドUVBや、エキシマライトなどの治療法が一般化する前に有効とされていた治療方法です。患部にステロイド軟膏やクリームを塗ることで免疫機能が正常化し、白斑の抑制・縮小の効果があります。ただし、副作用の心配もあります。

 

活性型ビタミンD3外用剤

光線治療の後に塗布すると効果的といわれている外用剤です。副作用として、かゆみ・皮膚刺激・紅斑などが挙げられます。

 

プロトピック軟膏

本来はアトピー性皮膚炎に使われる軟膏ですが、白斑部分に塗布することによって、メラニン細胞が攻撃・破壊されるのを防いでくれます。

 

 

白斑の予防方法

 

白斑は発症してしまうと、なかなか治りずらく、治療も長期にわたって行う場合が多いです。症状が悪化し、全身に白斑が広がることを防ぐためにも、日ごろから予防を心がけましょう。

 

ストレスを溜めない

尋常性白斑を引き起こさないためには、やはりストレスを溜めない生活を送ることが大切です。もちろんそれには、生活習慣を見直す必要があります。特に、実践してもらいたい方法としてはバランスの摂れた食事と、7~8時間の睡眠をしっかりと確保することです。この2つを行うだけでも、ストレスに左右されない身体になります。

また、近年はストレス社会といわれるほどなので、知らず知らずのうちにストレスが溜まっている場合もあります。毎日の生活に、適度な運動を取り入れたり、自分の趣味に没頭する時間を設けたりして、白斑を予防・広がることを防ぐためにも意識的にストレスを発散させましょう。

 

日焼けを防ぐ

白斑は、日焼けが原因でも発症することがあります。メラノサイトが生成するメラニン色素には、皮膚の下にある細胞組織を紫外線の害から守る働きがあります。日焼けをすると、メラニン色素の働きによって肌が焼けて黒くなるのはメカニズムが正常な証拠です。

 

しかし、今まであまり日焼けをしていなかった肌が、ある日紫外線を大量に浴びると、メラノサイトが思いのほかダメージを受けてしまいます。強い紫外線にさらされダメージを受けたメラノサイトは、正常に活動できなくなりメラニンを生成することができなくなってしまい、その部分に白斑ができてしまうのです。

 

そうならないためにも、外出する際は日焼け対策を万全に行いましょう。日差しの強い夏だけでなく、紫外線は年中降り注いでいるので、季節問わずに日焼け対策は行ってください。

 

白斑の予防と治療方法についてお伝えしてきましたがいかがだったでしょうか。白斑がこれ以上広がらないようにするためにもしっかりケアしましょう。

恵比寿美容クリニック

院長 能登谷 翔

経歴
2005年4月武蔵野大学薬学部薬学科(入学)
2008年4月東海大学医学部医学科(入学)
2014年4年独立行政法人東京都健康長寿医療センター勤務
2016年10月恵比寿美容クリニック勤務
所属学会
日本形成外科学会 会員
日本整形外科学会 会員
白斑治療の相談

関連記事

こんなに抜けて大丈夫?ヤバイ抜け毛とは

通常、人間の髪の毛は1日で50~100本…

2018/07/03 詳しく読む

クマとストレスの関係とは?ストレスによるクマ対策について

寝不足や疲れたときにクマができることが多…

2018/07/03 詳しく読む

クマにパックは効果的?目もとパックの選び方とセルフケアの方法

寝ているはずなのにクマができている……そ…

2018/07/03 詳しく読む
24時間
受付
あなたのお悩みご相談ください。
ご来院ご予約はこちら!
×
送信

カウンセリング無料!
あなたのお悩み、全力でサポートします。