美容皮膚科・薄毛治療の恵比寿美容クリニック | 白斑でも脱毛施術を行うことできるのか

恵比寿駅西口から徒歩3分

診療時間 平日:10:00-20:00/土日祝:10:00-19:00

初めての方 専用電話窓口 0120-249-272

アフターフォロー 専用電話窓口 03-6712-7881

白斑でも脱毛施術を行うことできるのか

白斑症は皮膚の色が、通常よりも白くなってしまう皮膚病の一つで、治りにくい病気の一つと言われています。 白斑部分は、脱毛施術を行うことはできるのでしょうか? ここでは、そんな白斑症を患っていたとしても脱毛施術を行うことはできるのかどうかをご紹介します。

2018/07/03

Supervising doctor:
恵比寿美容クリニック 院長 能登谷 翔

白斑とは

 

白斑とは、何らかの原因によって、肌の色素細胞であるメラノサイトが減少したり消失したりすることで、皮膚の色が部分的に白くなってしまう病気のことです。

 

私たち人間の皮膚の色というのは、皮膚に含まれているメラニンの量によって変わっていきます。このメラニンは、皮膚の下のほうにあるメラノサイトという細胞から生成されます。

 

しかし、何かしらの理由で、このメラノサイトが壊れたり消失すると、機能が低下してしまい、白斑が発症してしまうのです。白斑は、色素が失われる脱色素疾患が生まれつき(先天性)のものと、生まれてから何らかの原因によって発生する後天性の2つに分けられます。

 

後天性脱色素斑の代表的な病気を「尋常性(じんじょうせい)白斑」と呼び、白斑患者の約6割を占めるようです。白斑が発症する確率は、一般の人口の1~2%%に発症していると言われ、日本では約120~240万人の白斑患者が居ると言われています。

 

発症年齢は幼少から老年まで幅広く、男女差もほとんどありません。

20代を中心に10~30歳代に発症するケースが多いとされています。

 

 

白斑治療の相談

白斑の症状と原因

 

白斑の症状

症状は、白くなる部分と正常な皮膚の境界線がはっきりしている場合が多く、その形や範囲もさまざまです。

 

進行性の白斑の始まりは、親指の先ほどの大きさの白斑がまず2~3個でき、そして徐々に数が増え、広い範囲に広がっていきます。

 

身体中のどこにでもできますが、数が多くなると左右対称に分布することが多く、ベルトや下着でしめつけられる場所や、はきもので擦(こす)れる場所に好発します。初めは小さな白斑が数個できるだけですが、数か月から1、2年で白斑同士が合わさって大きくなることもあり、その後はほぼ同じ状態が続くことが多いです。

 

白斑の原因

白斑のハッキリとした原因は、まだ判明していません。

しかし、これまでの研究により原因として考えられるものはいくつかあがってきています。

後天的な理由が原因と考えられている尋常性白斑の場合、現状では以下のようなことが原因ではないかと考えられています。

 

・自己免疫説

白斑の原因の一つとして考えられているのが、自己免疫によるものです。

自己免疫に何らかの異常が起こり、この異常な自己免疫がメラニン色素を形成する細胞を自分で壊したり、 機能低下を引き起こすことで色素の脱失が起こり白斑が発症するという説です。

 

白斑の場合、甲状腺疾患などの自己免疫疾患との合併症が多いこと、メラノサイトを攻撃する抗体が高い確率で検出されることなどから、自己免疫との関連性が考えられています。

 

・神経説

自律神経の異常が白斑の原因となるという説です。

白斑は、神経の支配領域に目立って症状が現れることや、白斑が出来ている部分に発汗異常などの自律神経系の変化が認められる事から自律神経と白斑の関連性が指摘されています。

 

・遺伝説

約20~30%の割合で同じ家系内で白斑の症状が現れるケースがあるため、何か特殊な遺伝子を持っていることも白斑発症の一因と考えられています。

 

 

白斑でも脱毛施術を行うことできるのか

 

ここまで、白斑の説明をしてきましたが、そんな白斑を患っていても脱毛施術を行うことはできるのでしょうか。

結論から言うと、広範囲に渡って大量に白斑がある場合、脱毛を行うことは難しいです。

 

なぜなら、皮膚に刺激を与える事で白斑症状が進行する事もあり、リスクが大きいからです。

 

ただし、3、4個程度の小さな白斑がある場合などは、白い保護シール等で白斑部分を隠して脱毛することは可能です。

 

実際にカウンセリングで肌を見てもらって、脱毛できるかどうか判断してもらう必要があります。

 

 

まずはクリニックに相談を

 

4白斑の多くは、体力低下や免疫力の低下が原因で発症することがあります。

また、白斑と似た症状の「老人性白斑」になっている人も多く、早い人で20代から、数ミリの白い白斑が身体に現れている人もいます。「老人性白斑」もまた、免疫力の低下が原因です。

 

長年カミソリなどで自己処理をしていると、バリア機能が低下し免疫力が落ちる事も多く、もしかしたらそれがきっかけで白斑を発症したのかもしれません。

 

クリニックでの脱毛は長い目で見れば、将来的にほとんど自己処理をする必要がなくなるので肌の為には良いですが、光脱毛の後は一時的に免疫力が落ちるので、白斑のある肌の場合、白斑が広がるなどのリスクも生じます。

 

医療脱毛であればクリニックに医師がいるので、脱毛できるかどうか相談できますし、脱毛を受けるにしても安心できるように感じます。

 

白斑でも脱毛施術を行うことできるのかどうかについてお伝えしてきましたがいかがだったでしょうか。

早々にあきらめるのではなく、まずは相談してみましょう。

恵比寿美容クリニック

院長 能登谷 翔

経歴
2005年4月武蔵野大学薬学部薬学科(入学)
2008年4月東海大学医学部医学科(入学)
2014年4年独立行政法人東京都健康長寿医療センター勤務
2016年10月恵比寿美容クリニック勤務
所属学会
日本形成外科学会 会員
日本整形外科学会 会員
白斑治療の相談

関連記事

こんなに抜けて大丈夫?ヤバイ抜け毛とは

通常、人間の髪の毛は1日で50~100本…

2018/07/03 詳しく読む

クマとストレスの関係とは?ストレスによるクマ対策について

寝不足や疲れたときにクマができることが多…

2018/07/03 詳しく読む

クマにパックは効果的?目もとパックの選び方とセルフケアの方法

寝ているはずなのにクマができている……そ…

2018/07/03 詳しく読む
24時間
受付
あなたのお悩みご相談ください。
ご来院ご予約はこちら!
×
送信

カウンセリング無料!
あなたのお悩み、全力でサポートします。