美容皮膚科・薄毛治療の恵比寿美容クリニック | 白斑の治療にはどんな薬の種類があるの?薬の効果・副作用について

恵比寿駅西口から徒歩3分

診療時間 平日:10:00-20:00/土日祝:10:00-19:00

初めての方 専用電話窓口 0120-249-272

アフターフォロー 専用電話窓口 03-6712-7881

白斑の治療にはどんな薬の種類があるの?薬の効果・副作用について

難病ともいわれている白斑で悩んでいる方は意外と多いと言われています。 痛みやかゆみも無く、健康上問題もないとは言え、色素を失った白い肌を見せるのはとても勇気のいることです。 そんな白斑を治療するためには、どんな薬の種類があるのでしょうか? こちらでは、白斑治療で使用される薬の効果と副作用について紹介します。

2018/07/03

Supervising doctor:
恵比寿美容クリニック 院長 能登谷 翔

白斑とは

 

白斑とは、何らかの原因によって、肌の色素細胞であるメラノサイトが減少したり消失したりすることで、皮膚の一部が白くなってしまう病気のことです。

 

健康な皮膚と白斑部分の皮膚の境目は、はっきりとしていることが多く、斑点の大きさはさまざまで、いくつかの斑点が集まって大きな面になることもあります。自覚症状はなく、伝染もしない疾患で、健康上問題はありません。

しかし、白斑が出来ている部分の皮膚は、紫外線に弱いため、ちょっとした日焼けでもかゆみが出ることがあります。

白斑は身体のどこにでもできる可能性があり、頭にできた場合は、その部分の髪の毛が白髪になってしまうケースもあります。

 

白斑の原因は未だ解明されていません。

しかし、研究も進んでおり、ケガなどの皮膚への刺激、ストレスなどがきっかけとなって、メラニン色素を作るメラノサイト(色素細胞)を攻撃する自己免疫疾患が一番の原因ではないかと考えられています。

他にも、神経の異常説や酸化ストレスや遺伝的要因の可能性も指摘されています。

子供から大人まで発症する可能性があり、自然治癒が難しく、治りにくい皮膚病の一つとされています。

 

 

白斑治療の相談

白斑の主な治療法

 

白斑は難病と言われているため、治らないというイメージが強くありますが、以下のさまざまな治療を根気よく受けることによって改善するケースもあります。

 

薬物療法

薬物療法には、内服薬と外用薬の2つがあります。内服薬では、「ステロイドホルモン剤」が、白斑が拡大するのを防ぐのに効果的といわれています。外用薬には、ステロイド外用薬、プロトピック軟膏、ビタミンD3外用薬が処方されることが多いです。

 

紫外線照射

エキシマライト、ナローバンドUVB、PUVA(プーヴァ)などの治療があります。効果がある場合も多く、近年では、白斑の治療の中心となっています。

 

外科的治療

色素のある部分の皮膚に人工的に水泡を作り、それを患部に移植する「吸引水泡植皮術」という手術を行う場合があります。専門知識と経験が必要ですので、「吸引水泡植皮術」ができる病院は限られますが、回復するケースが多くみられます。

 

漢方

白斑の治療法を色々試してきたけれど、なかなか改善しないという方でも体に合った漢方薬に出合うと効果が期待できます。白斑に効くという漢方薬は数知れずあるので、クチコミをよく読んで参考にしてみてください。詳しく知りたい方は、漢方専門の薬局を訪ね相談することをオススメします。

 

 

白斑治療に使用される薬の種類

 

こちらでは、白斑治療に使用される薬の種類について紹介します。

 

内服薬

 

・ステロイド内服

ステロイドとは、人体の副腎から分泌され、炎症を抑えます。このステロイドを人工的に作った薬が、ステロイド剤です。

ステロイド剤は免疫機能を抑制し、進行中や急速に進展する白斑を縮小させる効果があります。

ただし、長期間の使用は、副作用の危険もあるので、自己判断をせず医師の指導の元で使用しましょう。

 

・IPDカプセル

IPDカプセルは、アレルギー治療薬ですが白斑治療でも処方されることもあります。

IPDカプセルに白斑の治療効果があるかどうかについては医師の間でも見解が分かれており、皮膚科に行っても、IPDカプセルの処方を頼んだからといって必ず処方されるというわけではなく、処方するかどうかは医師の判断によります。

 

・セファランチン

一般的には、円形脱毛症の治療に用いられる薬ですが、白斑治療でも処方されることもあります。ただし、IPDカプセルと同様に、白斑の治療効果があるかどうかについては医師の間でも見解が分かれています。

 

外用薬

 

・ステロイド外用薬

ステロイド外用薬は、全身の皮膚の1~2割程度に白斑の症状が出ている場合の治療法としては有効で、治療の推奨度も高いとされています。

局所的副作用に、皮膚萎縮・皮膚線条・ステロイド紫斑・毛細血管拡張・しゅさ様皮膚炎・多毛・毛包炎などがあります。

 

・活性型ビタミンD3外用薬

活性型ビタミンD3外用薬には、皮膚の細胞増殖亢進、皮膚免疫細胞の正常化作用が期待できます。

単独で使っても余り効果がなく、PUVA療法などの光線療法と併用して使われて来ましたが、近年では科学的に処理された活性型ビタミンD3軟膏だけでも一定の効果があるため単独で処方されることも多いようです。

活性型ビタミンD3外用薬はビタミンD剤のため、大量に長期間使用すると、ビタミンD中毒になり、高カルシウム血症を発症してしまうことがあります。

血液中のカルシウム濃度が上昇し、血管壁、心筋、肺、胃などに多量のカルシウムが沈着し、腎臓が傷害された場合は、尿毒症を起こして死亡するケースがありますので、必ず医師の診断を煽りましょう。

 

・プロトピック軟膏

本来はアトピー性皮膚炎に使われる軟膏で、皮膚の免疫系の働きを低下させメラニン細胞を攻撃・破壊するのを防ぐ作用があります。

高い効果が期待できますが、長期にわたって安全に利用できるかどうかは定かではないため、3~4か月を目途に定期的に効果判定を行いながらの治療です。

プロトピック軟膏は、免疫抑制作用があるので感染症に罹りやすい欠点があり、光線療法との併用は出来ません。

副作用として特に、リンパ腫や皮膚がんの発現も否定できなく、皮膚刺激感・灼熱感・ほてり感・ヒリヒリ感・しみる・痒みなどの副作用も報告されています。

 

 

白斑は上手に付き合っていくことが大切

 

白斑は、原因が解明されていないため難病の一つと言われていますが、根気強く自分に合った治療法を探し、前向きに治療に取り組むことで改善されることもあります。

白斑の治療方法は、薬物治療・紫外線照射・外科的治療・漢方薬など色々ありますが、自分に合った治療法を根気強く探していきましょう。

また、精神的に辛くなった時は、白斑で悩む方は多く存在するので、情報交換の場を探すのもオススメです。

目立つ場所に白斑がある方は、健康上の問題はないといっても、見た目が気になりストレスとなってしまうケースがあります。

 

根本的な治療にはなりませんが、ダドレスやカバーマークなどを利用して患部を隠すことも上手に向き合っていく治療法の1つだと思います。

カバーメイク専用化粧品を取り扱う専門の会社にはマーシュ・フィールドなど、いくつかあるようですので、一度試して見てください。

恵比寿美容クリニック

院長 能登谷 翔

経歴
2005年4月武蔵野大学薬学部薬学科(入学)
2008年4月東海大学医学部医学科(入学)
2014年4年独立行政法人東京都健康長寿医療センター勤務
2016年10月恵比寿美容クリニック勤務
所属学会
日本形成外科学会 会員
日本整形外科学会 会員
白斑治療の相談

関連記事

こんなに抜けて大丈夫?ヤバイ抜け毛とは

通常、人間の髪の毛は1日で50~100本…

2018/07/03 詳しく読む

クマとストレスの関係とは?ストレスによるクマ対策について

寝不足や疲れたときにクマができることが多…

2018/07/03 詳しく読む

クマにパックは効果的?目もとパックの選び方とセルフケアの方法

寝ているはずなのにクマができている……そ…

2018/07/03 詳しく読む
24時間
受付
あなたのお悩みご相談ください。
ご来院ご予約はこちら!
×
送信

カウンセリング無料!
あなたのお悩み、全力でサポートします。