美容皮膚科・薄毛治療の恵比寿美容クリニック | 白斑は日焼けによっても引き起こされる!正しい知識で白斑を予防しよう

恵比寿駅西口から徒歩3分

診療時間 平日:10:00-20:00/土日祝:10:00-19:00

初めての方 専用電話窓口 0120-249-272

アフターフォロー 専用電話窓口 03-6712-7881

白斑は日焼けによっても引き起こされる!正しい知識で白斑を予防しよう

皮膚の色が一部、または広い範囲に抜けおちてしまう白斑。痛みやかゆみはありませんが、美容上、見えるところにあると気になってしまう病気です。そんな白斑ですが、日焼けによっても引き起こされるといわれています!これからの季節、白斑を予防するためにも気になるところです。こちらでは、白斑を予防するための正しい知識を紹介します。

2018/07/03

Supervising doctor:
恵比寿美容クリニック 院長 能登谷 翔

白斑とは

 

白斑とは、何らかの原因で肌の色素細胞であるメラノサイトが、減少したり消失したりすることで、皮膚の一部、または広い範囲が白くなってしまう病気のことです。白くなる部分と正常な皮膚の境界線がはっきりしているという症状の特徴があり、痛みやかゆみはありませんが、見えるところにあると美容上、気になってしまう病気です。また、白斑の形や範囲もさまざまで、白斑同士が合わさって大きくなることもあります。

 

白斑には、色素が失われる脱色素疾患が生まれつき(先天性)のものと、生まれてから何らかの原因によって発生する後天性のものの2種類があります。後天性のものは、「尋常性白斑」と呼ばれ、白斑患者の約6割を占めるといわれています。白斑の原因は未だ解明されていないため、治りにくい病気の一つとされ、難病ともいわれています。

 

 

白斑治療の相談

なぜ日焼けが原因で引き起こされるのか

 

白斑は様々な発症原因が考えられていますが、日焼けが原因でも発症することがあります。肌にはメラノサイトというメラニン色素を生み出す細胞があり、そこで生成されるメラニン色素には、皮膚の下にある細胞組織を紫外線の害から守る働きがあります。紫外線に当たると、メラニン色素の働きによって肌が焼けて黒くなるのはメカニズムが正常な証拠です。

 

しかし、今まであまり日焼けをしていなかった肌が、ある日紫外線を大量に浴びると、メラノサイトがダメージを受けてしまうことがあります。突然強い紫外線にさらされダメージを受けたメラノサイトは、正常に活動できなくなりメラニンを生成することができなくなってしまいます。そして、その部分に白斑ができてしまうのです。これが、日焼けが原因でできてしまう白斑のメカニズムのようです。肌の内部でメラノサイトが受けたダメージから回復するにつれ、色素の抜けた肌の部分もゆっくりと元に戻っていくことがほとんどです。

 

 

白斑の治療法について

 

ハッキリとした原因が未だ解明されていないため、白斑の特効薬はないのですが、さまざまな治療方法はあります。

 

内服薬

ステロイド剤の内服やセファランチン、IPDカプセルなどが処方されることがあります。

ステロイド剤は、進行中の症状に使われることが多いですが、長期の内服による副作用が伴うことも考えられます。

セファランチンは、末梢血管の血行をよくする作用があり、円形脱毛症の治療に用いられることがある薬で、IPDカプセルは、アレルギー治療薬としても処方されます。

ただし、セファランチやIPDカプセルが白斑に効果的かどうかは、医師の間でも見解が分かれています。そのため、皮膚科に行って、これらの薬の処方を頼んだからといって必ずしも処方されるというわけではありません。

 

外用薬

ステロイド外用薬や活性型ビタミンD3外用薬、タクロリムス軟膏などが処方されます。

ステロイド外用薬は、全身の皮膚の1~2割程度に白斑の症状が出ている場合の治療法としては有効といわれており、白斑の拡大が抑えられたり、白斑が縮小するなどが期待できるのです。

活性型ビタミンD3外用薬は、単独での効果は弱いと考えられているため、PUVAやNBUVB療法などの「光線療法」と併用した治療が行われています。

タクロリムス軟膏は、局所免疫調整薬とも呼ばれる軟膏で、治療効果が高いと考えられていますが、長期安全性は定かではないため、3~4か月を目処に効果判定を行いながら治療します。

 

紫外線治療

紫外線などを照射して治療する方法で、PUVA療法・ナローバンドUVB照射療法・エキシマレーザーなどの治療方法があります。

 

・PUVA療法

日本の白斑治療で一般的に用いられている光線療法の一つで、保険が適用される治療法です。ソラレン(Psoralen)という紫外線に対する皮膚の感受性を高める薬を患部に塗布、服用、またはソラレンを溶かしたお湯に入浴した後、照射していきます。治療後は、皮膚が紫外線に対して敏感になっているため、治療を受けた日は紫外線を避けなければなりません。

効果は高いですが再発の可能性も高く、最近ではナローバンドUVB照射療法に移り変わりつつあります。

 

・ナローバンドUVB照射療法

PUVA療法と同様に、保険が適用される治療法です。PUVA療法より効果的といわれており、治療後も紫外線を避ける必要がないため、紫外線療法の中では最も推奨されています。照射は、週に1~3回の照射を個人差はありますが、半年間程継続する必要があります。10歳以上の子どもや妊婦でも使用可能といわれており、ビタミンD外用薬との併用では相乗効果もあるとされていますが、体の部位によっては効果が異なり、手足の場合は効果が低いといわれています。

 

・エキシマレーザー

ターゲット型ナローバンドUVBともいわれ、照射範囲が小さいため、正常な皮膚を避けて白斑部分にのみ照射が可能です。エキシマレーザーもナローバンドUVB照射療法と同様に体の部位によっては効果が異なり、手足の場合は効果が低いといわれています。

 

※紫外線治療は効果的ですが、過剰な照射は皮膚癌などの発がんリスクも高まると考えられているので、治療の際は医師への確認を必ず行いましょう。

 

 

徹底的な日焼け対策を心がけよう!

 

このように、白斑は日焼けが原因で発症することがあります。発症してしまうと、治療方法は沢山ありますが難病といわれるほど治りにくく、症状の状態が改善するにしても長期間の治療が必要になってしまう可能性があります。そんな白斑を予防するためにも、帽子を被る、日傘をさす、日焼け止めを塗るなどして日焼け対策を心がけましょう。

恵比寿美容クリニック

院長 能登谷 翔

経歴
2005年4月武蔵野大学薬学部薬学科(入学)
2008年4月東海大学医学部医学科(入学)
2014年4年独立行政法人東京都健康長寿医療センター勤務
2016年10月恵比寿美容クリニック勤務
所属学会
日本形成外科学会 会員
日本整形外科学会 会員
白斑治療の相談

関連記事

こんなに抜けて大丈夫?ヤバイ抜け毛とは

通常、人間の髪の毛は1日で50~100本…

2018/07/03 詳しく読む

クマとストレスの関係とは?ストレスによるクマ対策について

寝不足や疲れたときにクマができることが多…

2018/07/03 詳しく読む

クマにパックは効果的?目もとパックの選び方とセルフケアの方法

寝ているはずなのにクマができている……そ…

2018/07/03 詳しく読む
24時間
受付
あなたのお悩みご相談ください。
ご来院ご予約はこちら!
×
送信

カウンセリング無料!
あなたのお悩み、全力でサポートします。