美容皮膚科・薄毛治療の恵比寿美容クリニック | 目の下のシワをスッキリ解消!見た目年齢を若返らせる方法

恵比寿駅西口から徒歩3分

診療時間 平日:10:00-20:00/土日祝:10:00-19:00

初めての方 専用電話窓口 0120-249-272

アフターフォロー 専用電話窓口 03-6712-7881

目の下のシワをスッキリ解消!見た目年齢を若返らせる方法

年齢を重ねるごとに老けた印象が強くなっていくのは目元のシワも原因の一つです。普段から、目元のケアをやってはいるのにどんどんシワが深くなっていく気がする、小じわが増えているなどシワの悩みは人それぞれですが、どのようにできたシワなのか把握していなければ正しいケアをしていることにはなりません。自分のシワがどのようなものか、いま一度見直して、スッキリと解消させましょう。

2018/07/03

Supervising doctor:
恵比寿美容クリニック 院長 能登谷 翔

シワ1つで老けた印象に…目の下のシワの原因とは

 

目の下のシワの原因として加齢のせいだということをよく耳にします。しかし、加齢だけではないのです。目の下のシワの原因は大きく分けて5つあります。自分のシワはどれに当てはまるのか見極めて、正しいケアへとつなげていきましょう。

 

①加齢によるもの

人はある一定の時期まで細胞が成長し、その時期が終わると老化してきます。

老化が進むと、どんどん肌のハリや潤いは失われてシワが増えていくのです。これは目の下や周辺に限らず顔全体の肌にも言えることですが、目の周辺の皮膚は他の皮膚よりとても薄くデリケートなので目立ちやすくなります。

②乾燥によるもの

先ほどもお話しした通り、目の周辺の皮膚は薄く、その分、肌内部の保湿成分も少ないために乾燥しやすいです。乾燥によるシワはチリチリとしたちいさなシワ(ちりめん状)ができはじめ、だんだんと太くなって気づくようになります。

③真皮層の機能低下

肌は表皮・真皮層・皮下組織の3層からなっています。真皮層が紫外線や活性酸素などの刺激を受ける、その刺激により機能低下を引き起こしハリや弾力が保てなくなります。

④メイクによるもの

目の周辺はアイシャドウを塗ったり、コンシーラーやマスカラなど様々なメイクを行います。さらに、そのメイクを落とすために洗浄力の強いクレンジングを使用することで必要な潤いまでも落としてしまうことになり、肌にかかる負担も大きくなるのです。強いクレンジングを使用しても洗い落とせてない場合もあり、洗い残しがあると肌の働きが正常に働かなくなることも原因として考えられます。

⑤疲れ目によるもの

現代は、スマホやPCなど目を疲れさせやすい環境になっています。そのため、眼精疲労を起こしやすく、目の周りの筋力が衰えたり本来の働きが出来ないことでシワを作る原因になるのです。

 

このように、普段何とも思ってないことが目の下や周辺の肌へ負担をかけてしまいシワを作る原因となります。また、①のように、加齢が原因ならば仕方のないことだと思いがちですが、本来の細胞の力を考えると加齢のスピード非常にゆっくりで30代や40代では加齢はさほど見られないと言われているのです。本来ゆっくりとしたスピードで進行しているはずの老化が早い段階から出るという事は、老化を助長している要因があることになります。②~③や日焼けなど様々なものが加わることで老化のスピードを上げるのです。

 

 

目の下のクマ治療の相談

一刻も早くどうにかしたい!今すぐにはじめたい解消法

 

目の下のシワをどうにかしたいと思いファンデーションを厚く塗るという人も多くいますが、時間が経つと実際のシワより深いシワになって見えていることありませんか?シミやくすみ、クマとは違いシワはファンデーションで改善できるものではありません。そのため、メイク前にマッサージやツボ押しを行い、改善していくことがベストだと言えます。あまりに深いシワは1度行っただけでは思うような結果が出ないこともありますが、諦めずに続けて行っていくことをおすすめします。

 

<ツボ押し>

目の下のシワを改善してくれるツボは5カ所あります。①から順番に3回ずつツボを押していくことで目の下のシワに効果的です。

ツボを押す際は、力を入れすぎず、気持ちのいい程度で止めるようにしてください。

①攅竹(さんちく):目の周辺のむくみを解消したり、眼精疲労の効果が期待できます。

攅竹は、眉頭の凹みの部分です。深呼吸をしながら息を吐くと同時に人差し指で攅竹を押して5秒間キープします。

②晴明(せいめい):目の疲れやむくみ解消、目の周りのハリや弾力を取り戻してくれる作用があります。

晴明は目頭の内側にある凹みの部分です。片方の手の親指と人差し指で、両目の目頭の内側にある凹みを押さえていき、5秒間キープしましょう。

③瞳子りょう(どうしりょう):目のかすみや目の疲れを軽減、目尻の小シワの対策が期待できます。

瞳子りょうは目尻から指一本分耳側にずらしたところになります。人差し指では力が入りすぎて痛いといったかたは中指で瞳子りょうのツボを押して5秒間キープしましょう。

④絲竹空(しちちくう):目尻のシワ、リフトアップに効果的なツボになります。

絲竹空は、眉尻のところにあるツボです。①から順番にツボを押していくと意外と指が疲れるという方もいらっしゃいます。その場合は、手をグーにして人差し指の第二関節を使い押すと良いでしょう。この絲竹空も5秒間キープしてください。

⑤太陽:目の疲れ軽減・解消、目のかすみ、目元のむくみ解消ができます。

これで最後です。太陽のツボは、目尻と眉尻を結んだ線を一辺と考え耳側に向かって正三角形をイメージしたときに、目尻と眉尻と別のもう1つの頂点がツボになります。太陽のツボも今まで通り5秒キープしましょう。

 

先ほども説明した通り、1つのツボを3回ずつ繰り返し行い、①から⑤まで順番にツボ押しをしてください。メイク前の化粧水やクリームを塗った後に行います。

ツボ押しを行う際に注意しなければいけないのは、「圧を入れすぎないこと」と「皮膚をこすらない」ことです。

 

<マッサージ>

マッサージをする際は、皮膚との摩擦を少なくするためマッサージクリームやアイクリームを使用して行いましょう。

マッサージは目元の血流を良くしてくれるので、目の疲れの改善をしてくれます。目の疲れが原因でシワを作ることもあるので、しっかりと目の疲れをケアしてあげてください。

1.マッサージクリームやアイクリームを中指に乗せて、両手中指を使い人肌に温めます。その後、目の周りに優しくなでるように塗布してください。

2.両中指を両目頭のところに置き、上まぶたを通って目尻へと滑らせましょう。目尻へと到達したら下まぶたを通り目頭へと戻り終了です。

 

この動作を数回繰り返して行いますが、クリームが渇いてきて滑りが悪くなるまでマッサージを続けるのはやめてください。皮膚との摩擦が大きくなって逆に肌へ負担を掛けることになり、シワを増やしてしまいます。もう1点注意したいのが「力」です。絶対に力を入れず、クリームで指が滑って行ってるようなイメージで行うと良いです。

 

<エクササイズ>

このエクササイズは表情筋を鍛えるエクササイズです。表情筋を鍛えることで、肌を上に持ち上げることが出来るのでシワの解消に繋がります。表情筋のエクササイズはシワの解消だけでなく、たるみの解消・予防にも効果的です。

1.真っ直ぐ正面を向き、目線だけ上に向けます。

2.1の状態のまま、下まぶたを上まぶたに近づけていき、閉じる寸前で5秒間キープします。眩しい太陽を見ているようなイメージで行いと良いでしょう。

3.1セット20回程度繰り返し、11回で構いません。

 

<乾燥による目のシワには…>

乾燥の場合は、化粧水パックなどを使用して表皮に水分を補ってあげることでシワが解消されます。ただし、水分を与えて安心してはいけません。しっかりと乳液や美容液で蓋をして水分が蒸発しないようにしてあげましょう。アイクリームを使用すると、シワに効果的な成分が含まれているのでよりシワの解消に繋がります。

 

意外と簡単なことで老け顔の印象である目の下のシワが解消されるなら、今すぐにでも始めたいですよね。ただ、始めることは簡単ですが、継続することは非常に難しいです。習慣がつくまでは大変かと思いますが、メイクをする前やお風呂上りにスキンケアをする流れでするなどストレスなく取り入れていきましょう。

 

 

日常生活で出来る目の下のシワ対策

 

一度シワが出来てしまうとなかなか消えなくて大変な思いをします。そのために、日頃の生活からシワ対策をするように心がけることが大切です。シワ対策のために重要なことは、目の下の皮膚に負担を掛けないことになりますので、以下のことを意識しながら対策を取っていきましょう。

 

①目を強くこすらない

目が痒くなった、シュパシュパする、起きてすぐなど目をこすることありませんか?こすることは、目元の薄い皮膚にはかなりの負担になります。目を無意識のうちにこする癖がある人も注意したいところです。また、強く引っ張ったりすることも負担がかかります。例えば、アイメイクをするときに目元の皮膚を引っ張ることもやめましょう。

 

②日焼け対策は万全に

紫外線は皮膚にダメージを大きく与える存在です。目の下の皮膚は特に薄いので紫外線からしっかりと守らなければなりません。外出する際はもちろん、家の中に居るときも日焼け止めを塗り、紫外線の影響を受けないように対策することをおすすめします。外出時はサングラスなどがあるとより紫外線から避けることが出来ます。

 

③アイメイクはポイントメイクリムーバーを使用しよう

アイメイクはファンデーションだけでなく、アイシャドウを何度も重ねたり、アイラインを引いたりと他の部分よりも自然と濃くなってしまいます。そのため、クレンジングするときはしっかりと落とす必要がありますよね。アイメイクに使用するアイテムはにじみ対策をしているため、落ちにくくなっているので、ついつい強くこすってしまいがちです。先ほどもお話ししたとおり、強くこすることは皮膚に負担がかかるので、ポイントメイクリムーバーなどを使用して落とすようにしましょう。ただし、ポイントメイクリムーバーは洗浄力が高い分、肌への影響も大きくなりますので、使用後はしっかりと保湿してください。

 

④目元のケアは目元専用のクリームで

目の下のシワを対策するには、目元専用のクリームを使用することをおすすめします。それは、目の下や目の周辺のケアに必要な成分が含まれているからです。

 

では、具体的にアイクリームはどのような役割をして、どのように選ぶと良いのでしょうか。次の項でご紹介します。

 

 

専用クリームでないとダメ!?アイクリームの役割と選び方

 

アイクリームは名前の通り目元専用のクリームです。

目元専用のクリームですので、目の周辺や目元のケアのことを考えて開発されたものになります。そのため、薄い皮膚を守るために高い保湿効果が期待できる成分や、目の下のシワのように小シワに効果を発揮する成分などが多く含まれているのです。いちいち目元専用のクリームを使用するのは面倒くさいという人もいますが、シワのない綺麗な肌を保つためには使うことがベストと言えます。

 

アイクリームも化粧品同様にたくさんの種類が販売されており、短く浅いシワ(ちりめんじわ)に効果的なもの、深いシワに効果的なものとクリームによって成分が異なってきます。自分のシワにあったクリームを選ぶことが重要ですので、しっかりと成分をみて購入するようにしましょう。

 

〇浅いシワに効果的な成分

セラミド・ヒアルロン酸・コラーゲン・アミノ酸

 

〇深いシワに効果的な成分

ビタミンC誘導体・グロスファクター(成長因子)・レチノール

※レチノールは肌の弱い方には刺激が強すぎる場合がありますので、肌に異常が出た場合はすぐに使用を中止してください。

 

自分のシワに合った成分が配合されている数々のクリームの中から選ぶポイントは、テクスチャーです。アイクリームを塗る際にクリームの伸びが悪く皮膚をこすってしまうと意味がありませんので、伸ばしやすいものを選ぶと良いでしょう。

恵比寿美容クリニック

院長 能登谷 翔

経歴
2005年4月武蔵野大学薬学部薬学科(入学)
2008年4月東海大学医学部医学科(入学)
2014年4年独立行政法人東京都健康長寿医療センター勤務
2016年10月恵比寿美容クリニック勤務
所属学会
日本形成外科学会 会員
日本整形外科学会 会員
目の下のクマ治療の相談

関連記事

こんなに抜けて大丈夫?ヤバイ抜け毛とは

通常、人間の髪の毛は1日で50~100本…

2018/07/03 詳しく読む

クマとストレスの関係とは?ストレスによるクマ対策について

寝不足や疲れたときにクマができることが多…

2018/07/03 詳しく読む

クマにパックは効果的?目もとパックの選び方とセルフケアの方法

寝ているはずなのにクマができている……そ…

2018/07/03 詳しく読む
24時間
受付
あなたのお悩みご相談ください。
ご来院ご予約はこちら!
×
送信

カウンセリング無料!
あなたのお悩み、全力でサポートします。