目の下のクマができやすい人ってどんな人?クマのタイプ別に解説!

2020/11/18

  • 目の下のクマ

目の下のクマができやすい人もいれば、クマとは無縁という方もいるでしょう。今回は、目の下のクマができやすい人の条件について、クマのタイプ別に解説していきます。できたクマが治らないときの対処法についてもお伝えするので、クマ対策の参考にしてみてください。

監修
恵比寿美容クリニック
理事長 堀江 義明

ドクター紹介

目の下にできやすいクマの種類と、それぞれの原因はコレ!

目の下のクマには、大きく分けて3つの種類があり、クマのタイプによって原因は異なります。目の下の皮膚に色がついたように見えることは共通していますが、色や形状などに着目してみると違いがあるとわかります。

・青クマ

目の下の皮膚は薄いため、血管の色が透けて青っぽいクマが見えることがあります。これが“青クマ”と呼ばれるもので、寝不足などが原因で目の下の血流が悪くなると目立ちます。もともと皮膚が薄い部位ですが、加齢によってさらに皮膚が厚みを失っていくため、青クマが生じやすくなります。

・茶クマ

目の下の皮膚にメラニン色素が沈着すると、“茶クマ”が生じます。目の下はもともと皮膚が薄いため、洗顔やメイク、摩擦などの刺激で色素沈着が起きやすいのです。血管が透けて見える青クマとは異なり、皮膚自体に茶色い色がついていることが特徴です。

・黒クマ

年齢とともに目の下に膨らみが生じ、その下に黒い影のようになって現れるものが“黒クマ”です。目の下にある膨らみは眼窩脂肪と呼ばれるもので、もともと量が多い方では若いうちから黒クマができることもあります。一般的には、加齢とともに目の周りの靭帯や筋肉で支える力が弱まり、脂肪が突出してくることが原因となるケースが多いですこのように、目の下のクマにはいくつかのタイプがあります。クマが気になっている方は、ご自分のクマが、どの種類に該当するのかをまずはチェックしてみると良いでしょう。

目の下のクマができやすい人はこんな人

目の下のクマがあると“疲れている”“老けている”といった印象を与えてしまうため、なんとか回避したいところです。次に、目の下のクマができやすい人にはどのような特徴があるのかを解説します。青クマに関しては、目の下の皮膚が特に薄い方にできやすいという特徴があります。もともと、皮膚が薄い部位であり、加齢によって皮膚がさらに薄くなるという側面もありますが、皮膚が白くて薄い方では青クマが目立ちやすくなります。運動不足や寝不足などによって血流が悪くなっている方でも、青クマができやすいです。茶クマは刺激が原因となるため、普段から目をこする、メイクをきちんと落としていないなどの習慣がある場合には、クマができやすい状態になります。年齢を重ねると、肌のリズムが低下するため、若い頃と比べて茶クマは生じやすくなります。目の下の膨らみが原因となる黒クマでは、もともと眼窩脂肪が多い人をはじめ、彫りの深い人、目の大きい人もできやすいと考えられています。加齢によってたるみやすくなることは事実ですが、もともとの骨格によっても黒クマは出現しやすくなるのです。このように、どのタイプのクマでも“加齢”はクマができやすい状態となる一つの要因となります。しかし、クマの種類によって、クマができやすい条件は少しずつ異なります。予防できると感じる点があれば、実践してみるようにしましょう。

できてしまった目の下のクマが治らない!どうすればいい?

blank

目の下のクマができて、睡眠を十分にとるなどの工夫をしても、なかなかクマが治らないという方は多いです。寝不足など、一時的な原因だけであればすぐに回復できるかもしれませんが、皮膚が薄くなっている、肌のリズムが低下しているなど、根本的なところに原因がある例も少なくありません。目の下のクマが消えないときは、コンシーラーで“隠す”という方法もあります。青クマにはオレンジ系、茶クマにはイエロー系、黒クマには少し明るめのコンシーラーを使うと、クマをカバーしやすいです。ただし、メイクによってカバーできる範囲には限界があるため、どうしても目の下のクマが目立ってしまうときは、クリニックで治療を受けるという方法もあります。目の下のクマには“血流改善ガス治療”という手法を用いることができるのです。血流改善ガス治療では、炭酸ガスを目元に注入し、肌の血流と再生力をアップさせる効果を期待することができます。皮膚が厚くなるので青クマが目立たなくなるほか、肌のリズムが整うために、茶クマの改善も期待できます。たるみになっている黒クマでも、肌のハリが戻ることによって改善を図ることができる可能性があります。このように、血流改善ガス治療は“肌の再生力”を高めるような作用を期待することが可能であるため、どのようなタイプのクマであっても治療対象となります。目の下のクマができやすい方は、この治療を検討してみてはいかがでしょうか?

「よく出来るクマ」について
まずは専門医に相談する