妊娠線にヒルドイドは効果的なのか?予防や妊娠線を消す効果は?

2020/07/03

  • 妊娠線・肉割れ
blank

妊娠線は皮膚が急激に引き伸ばされた時にその伸張に耐えられなくなった真皮が断裂することが原因となってできるものです。肌が乾燥すると皮膚の柔軟性が乏しくなり妊娠線ができやすくなるため、妊娠線ができやすい部位を中心にクリームやオイル等で丁寧に保湿しておくと予防の一助となります。特に妊娠中は体表面積が広がることやホルモンバランスの変化が影響して皮膚の乾燥を感じやすくなりますので注意が必要です。この保湿ケアにヒルドイドは効果的なのでしょうか?

blank

監修
恵比寿美容クリニック
理事長 堀江 義明

ドクター紹介

保湿剤として処方されるヒルドイドとは

ヒルドイドとは医療機関で処方される保湿剤の一種です。アトピー性皮膚炎による肌の強い乾燥や凍瘡、ケロイドなどの治療に処方されます。高い保湿効果から本来の目的を外れて美容目的で利用されるケースが多くなり話題にもなりましたので耳にしたことのある方もいるかもしれません。

ヒルドイドにはクリームタイプ、ローションタイプ、軟膏タイプがあり皮膚に塗布して使用する外用薬として位置づけられています。なお、保湿剤としてよく使われるワセリンは油分が皮膜になって角質層の水分の蒸発を防ぐものであり、水分を与える作用はないためヒルドイドとは違いがあります。

ヘパリン類似物質

ヒルドイドに配合されているヘパリン類似物質は私達の体内にあるへパリンという物質に似た構造を持つ天然由来成分で高い保湿効果があります。また、保湿効果に加えて血行促進と抗炎症の働きも有しているため、傷の治癒を早めたり肌の新陳代謝を高める目的でも使用されています。

ヒルドイドを使うと妊娠線に効果は期待できる?

妊娠線は一度できると痕が残りやすいのでいかに予防していくかが大切になります。妊娠線予防としては肌を柔軟に保つための保湿が代表的であり、その目的でヒルドイドを使う人も見られます。ヒルドイドは赤ちゃんに与える影響が少ないと考えられており妊娠中でも比較的安全に使えるという利点もあります。

もちろん妊娠線予防のために市販の保湿クリームを塗布する方も多いですが、ヒルドイドは保湿力を持続させる効果が高いとされているため医療機関で処方してもらう方もいるようです。

また、できてしまった妊娠線を保湿すると乾燥によってスジが目立つのを防ぐ効果を期待できます。保湿だけで真皮の断裂を元に戻すことは難しいですが、ヒルドイドには血行を促す効果もあると言われています。血行を促す作用があると新陳代謝を高める効果が期待できるため、できてしまった妊娠線のケアにもプラスに作用する可能性があると考えられているのです。

ヒルドイドでは消えない妊娠線の治療法

妊娠線ができないように日頃から予防しておくことは大切ですが、それでもやはり妊娠線ができてしまうケースもあります。ヒルドイドを塗布すれば新たにできる妊娠線を予防する効果は期待できるものの、できてしまった妊娠線にヒルドイドでは対応しきれずに悩みを抱えている方も多いのが現状です。

ヒルドイドでは対処しきれなかった妊娠線の悩みは医療機関に相談するという選択肢があります。医療機関ではレーザー治療や炭酸ガス治療、ダーマペンによる治療など妊娠線の状況に応じた治療をすることが可能です。。

妊娠線の状況を診たうえで費用や必要な治療回数なども相談ができますので、ヒルドイドだけではケアできなかった妊娠線でお悩みの方は検討してみてはいかがでしょうか?

「妊娠線・肉割れ」について
まずは専門医に相談する