なんとかしたい!5つの妊娠線を消す方法

2020/08/12

  • 妊娠線・肉割れ
blank

すでに定番となっている妊娠中の妊娠線予防ケア。しかし、どれだけ丁寧に一生懸命予防ケアを頑張っても、妊娠線ができてしまうことがあります。「妊娠線は頑張った女性の勲章」と言われることもあり、確かに出産を経験した女性にできるものなのでそう言われればそうかもしれません。しかし傷跡のように残った妊娠線はコンプレックスになりかねないですし、キレイなママを目指す女性にはできれば消してしまいたいのが本音だと思います。こちらでは、そんな妊娠線に悩む女性の皆さんに妊娠線を目立ちにくくする5つの方法を紹介したいと思います。

blank

監修
恵比寿美容クリニック
理事長 堀江 義明

ドクター紹介

妊娠線ができるメカニズム

皮膚は、3つの層から成っていて、一番表面にあるのが柔軟性のある「表皮」です。次の「真皮」とその下の「皮下組織」は柔らかい表皮とは違い、急激な伸びには対応できにくくなっています。

そのため、妊娠によって大きくなるお腹や胸、ヒップや脚などの部分の真皮や皮下組織の一部はスピードについていけずコラーゲンや弾性線維が断裂してしまいます。断裂した部分から毛細血管が透け、赤紫色の妊娠線が現れます。

これが妊娠線のできるメカニズムです。妊娠線は、痛みはありませんが、触ると周囲の皮膚より少しへこんでいるのがわかります。妊娠線の現れる場所は個人差があり、妊娠線の様子もシマシマ模様だったり、稲妻のような妊娠線だったり様々です。

妊娠線のできる原因

妊娠線のできる原因は、大きく分けて2つあります。1つ目の原因は、急激な体重の増加による皮膚の伸びです。妊娠中は胸が豊かになり、急にお腹が大きくなるにつれてそれを支えるためにお尻や脚もふっくらしてきます。

そのため、その部分の皮下組織の中にある脂肪細胞が急激に大きくなってしまいます。ゆっくりと徐々に大きくなる場合は、真皮も皮下組織も一緒に伸びることができます。

しかし、妊娠中は急激に大きくなってしまうので、上記でも説明したように伸びについていけない真皮や皮下組織の一部であるコラーゲンや弾性線維は断裂してしまい妊娠線が現れてしまうのです。特に医師が提示した基準の体重より増加してしまった場合は、より急激に脂肪細胞が大きくなってしまい、妊娠線ができやすくなるため注意しましょう。

2つ目の原因は、ステロイドホルモンの影響です。妊娠中に増加するコルチコステロイドというステロイドホルモンには、肌のターンオーバーの働きを抑制する作用があります。

通常皮膚は、ターンオーバーという新陳代謝を通して日々生まれ変わっていますが、このステロイドホルモンの影響でターンオーバーの働きが抑制され、コラーゲンの生成も抑えられてしまいます。そうすると、肌は徐々に弾力を失い伸縮性も低下し、肌そのものも弱くなってしまうため、妊娠中はいつも以上に皮膚が断裂しやすい状態になっているのです。

妊娠線には種類があるって本当?

どれも同じに見える妊娠線ですが、“新妊娠線”と“旧妊娠線”の2つの種類に分けられています。“新妊娠線”とは、妊娠中に出来た一般的な妊娠線のことです。

大きくなるスピードについていけなくなった真皮や皮下組織の一部であるコラーゲンや弾性線維が断裂し、跡として残ってしまうものです。毛細血管の色が透けて見えるため、赤紫色、または赤茶色をしているのが特徴です。

“旧妊娠線”とは、出産後の時間が経ってしまった妊娠線のことです。赤紫色や赤茶色だった“新妊娠線”が退色して、銀白色の線に変化しシワのような感じになっているのが特徴です。“新妊娠線”から“旧妊娠線”に変化することで徐々に目立たなくはなります。

産後、妊娠線は消える?

妊娠線は、お腹や胸、太もも、お尻、二の腕などにできやすく、妊娠中浮腫みやすいふくらはぎにもできるケースがあるようです。妊娠線ができる確率は、妊婦の50%とも80%ともいわれており、頑張ってケアをしていても出来てしまう場合もあります。

妊娠線ができやすい時期は、お腹が大きくなり始める5~7カ月頃からできる人が多く、1本しかできない人もいれば、十数本もできてしまう人もいます。妊娠中に出来た赤紫色、または赤茶色の“新妊娠線”から“旧妊娠線”へ変化していきます。

しかし、真皮にできた傷やダメージは治りにくいため、できてしまった妊娠線は自然に消えることはありません。では、妊娠線を目立ちにくくさせる方法はないのでしょうか?

妊娠線を目立ちにくくする5つの方法

医者

産後に痕となってしまった妊娠線を目立ちにくくするためには、いくつかの方法があります。こちらでは、5つの方法を紹介します。

⑴瘢痕修成術

形成外科などで妊娠線が出来ている部分を切開し、亀裂を起こしている部分を縫合して細い線状の傷に変える方法です。瘢痕形成術はいくつかの術式があります。

1.妊娠線部分(瘢痕)を切り取り、一本の細い線にする方法
妊娠線のでこぼこした部分を切り取り、その部分を再び縫合して1本の細い線の跡に変えていく方法です。個人差もあるとは思いますが、形成外科の先生が丁寧に縫ってくれるため傷跡は綺麗になります。

2.Z形成術
妊娠線部分(瘢痕)を切り取ります。そのまま縫い合わせるのではなくより目立ちにくくかつ、皮膚のひきつれを改善するためにZの形に切れ目を入れ、上下を入れ替えて縫い合わせる術式です。

3.W形成術
皮膚に切れ目を入れて、ジグザクに縫い合わせます。傷跡としわの方向が一致するため、この中では一番目立ちにくく、かつ皮膚も動きやすくなります。

瘢痕修成術は完全に消えるわけではなく、傷の幅を変えて限りなく目立たなくさせる方法だといって良いでしょう。傷の状態や、細菌感染の有無など術後の観察も必要になり、傷口が治癒する過程で、若干かゆみが出る場合もあります。また医師によって仕上がりがかなり変わってくるので慎重に病院を選ぶ事をおすすめします。

⑵ダーマローラー

ダ―マローラによる施術は、長さ1.2mm位のとても細い針が数百本刺さっている、専用のローラーを使用する方法です。妊娠線の部分の肌を清潔な状態にし、針のついているローラーで患部の上でコロコロ転がします。そうすることで、表皮や真皮に無数の針穴が開き、その肌の傷を治そうとする自然治癒力を利用した治療法です。

もともとは、毛穴の引き締め、ニキビ跡やシミに効果があるとされていましたが、近年では、産後の妊娠線の治療に用いられることが多くなっています。ダーマローラーはとても簡単な施術方法で一回の治療でお肌が入れ替わったと効果を実感できます。

ですがデメリットとして、お肌に穴をあけるため痛みとダウンタイムがあります。またサロンやクリニックなどで行わない場合、しっかり自分で雑菌などが入らないように管理をしないといけません。ダーマローラーを利用する場合は、安全性や、衛生状態の良いものを選び購入し、衛生面をしっかり管理して使用するようにしましょう。

⑶フラクショナルレーザー

レーザー治療は、妊娠線が出来ている部分に微小なスポット状のレーザーを当てることで、真皮や皮下組織を再生させる新しく入れ替えるといわれている治療法です。画期的な肌の再生法といわれており、コラーゲンの再生・皮膚の引き締め効果もある為、妊娠線をより目立たなくさせる事が可能ですし、妊娠線以外にもシワや毛穴開き、ニキビ跡のクレーターなどの改善にも使われることが多いです。

またフラクショナルレーザーを当てた部分の真皮層では、コラーゲンが劇的に増殖するのでお肌にハリも生まると言われています。ですので、妊娠線の治療プラスお肌の保湿や滑らかさを手に入れることに繋がります。これは一石二鳥の嬉しい相乗効果ですね!

メスを使わず、妊娠線の範囲にもよりますが5分~10分ほどで一回の施術が終了するので、手軽に受ける事ができるのも魅力です。ただし、目立ちにくくさせるためには回数がかかり、その分高額になる可能性があるということと、レーザーによる火傷のリスクがあることがデメリットでもあります。

また、施術を行う医師の腕によっても差が出てしまいます。施術を受ける場合はしっかり事前リサーチをして信頼できそうなクリニックを選び、カウンセリングを受け、回数や出力・料金を確認してから施術に臨んでくださいね。

⑷血流改善ガス治療

血流改善ガス治療は真皮部分に血流改善ガスを注入することで、注入した部分の血流が改善され皮膚の代謝が上がります。また、血流改善ガスによって皮膚に一時的なダメージを与えることで、皮膚の再生能力が活性化されコラーゲンの産生が促進されます。

クリームやレーザーとは異なり炭酸ガス治療は、真皮と皮下組織に直接アプローチすることができるので、妊娠線の治療効果が格段に高いのです。また、血流改善ガスが通ることで皮膚を緩ませることがでるので、柔らかくなった皮膚組織に新しいコラーゲンが産生され、キレイな皮膚に戻ることができます。デメリットとしてはやはり回数がレーザーと同じようにかかってしまうことです。

しかし、血流改善ガス治療の場合、レーザー治療のように肌の外側からのアプローチするわけではないので、レーザー治療のように火傷を負ってしまうなどといったリスクはありません。他にも、レーザー治療やクリームなどは、薄い妊娠線には効果がありますが、ひどい妊娠線の場合、効果が不十分なケースが多いですが、血流改善ガス治療は真皮の部分に直接アプローチを行う為、軽い症状だけでなく、ひどい妊娠線にも非常に効果が高いです。

ダウンタイムも少なく、薬剤を使用しないので、副作用の心配もなく安心して施術を受けることが可能です。

⑸サーマクール

サーマクールとは、肌の深部まで到達する高周波RF(ラジオ波)と呼ばれる熱エネルギーを当てていき、コラーゲン繊維の修復と再生を促し、新しい皮膚に入れ替えるというという治療法です。妊娠線ができている部位に照射することで、熱エネルギーの作用でコラーゲンの生成量が増加し、断裂した真皮と皮膚組織が再生するため妊娠線の改善が期待できます。

サーマクールは、肌に軽い火傷にさせる施術のため、痛みが心配な方もいらっしゃると思いますが、CPTという最新機器ですと従来よりも少ない痛みでサーマクールの施術を受けることが可能です。CPTは照射する際、皮膚を振動させて痛みを感じにくくする作用があるため、痛みが苦手な方には最適といえます。

患部の状態や、肌質によっては痛みが出ることも稀にありますが、そういった場合は麻酔を使って痛みを抑えていくそうです。さらに、サーマクールは色素沈着の影響を受けないという利点もありますし、妊娠・出産でたるんでしまった皮膚を引き締め、収縮させる作用や美肌効果もあります。

ただし、サーマクールはゆっくりと時間をかけてコラーゲンを再生させる方法になるため、効果があらわれるまでに3ヶ月~半年程かかります。

まとめ

blank

この様に妊娠線を目立ちにくくする方法は様々です。治療の方法を選ぶにあたってまず、自分の妊娠線の状態がどういうものなのか知ることが一番大切です。

ですから私は一度クリニックなどでカウンセリングを受け、ご自分の状態を把握したうえで治療を選択することをお勧めします。「5つの妊娠線を目立ちにくくする方法」を参考に、ご自分のライフスタイルに合った効果的な治療方法を見つけてくださいね。

「妊娠線を消す方法」について
まずは専門医に相談する