痩せたら消えるって本当?肉割れを消す方法

2020/06/30

  • 妊娠線・肉割れ
blank

肉割れができてしまうとどうにかしたいという思いで、ネットや雑誌などで消す方法を探しては試しているという方も多いのではないでしょうか。しかし、根本的な原因を理解していなければ誤解を生んでしまい、更なる肉割れを増やしてしまう可能性もあります。正しく改善するためにも肉割れのことをよく知ってからケアをはじめていきましょう。

blank

監修
恵比寿美容クリニック
理事長 堀江 義明

ドクター紹介

肉割れってなに?

気づいたら身体に線が出来てたというような経験ありませんか?太ももや膝の裏、お尻、胸などにできる肉割れ。肉割れができてしまったから、彼・彼女に見られるのが恥ずかしい、友達と一緒に海に行けない、などと悩んでいる方が男女問わず多いようです。

このように私たちを悩ませる肉割れとは一体どういったものなのでしょうか。そして、一番気になるのは肉割れを消すことはできるのかということ。それらを含めて肉割れの様々なことについて迫っていきたいと思います。

肉割れは妊娠線やストレッチマークとも呼ばれ一度できてしまうと完全に消えることはありません。太ももやお尻、二の腕、胸など皮下脂肪が多い所にできやすく皮膚表面が波打ったように裂けて見える症状が特徴です。

肉割れを発症してすぐは赤っぽくミミズ腫れのような症状ですが、日を追うごとに白っぽく変化してテカテカと光を放つようになります。皮膚の一部に細いうっすらとした線がいくつもできる方もいれば太いハッキリとした線が1~2本あるだけという方もいますし、縦に線が伸びる、横に線が伸びるなど発症具合は人それぞれです。なお、肉割れができたからと言って痛みはありませんし、出血などがある訳でもありません。ただし、稀に強い痒みが出たり、痛みを伴う場合があります。

肉割れは皮膚の断面が裂けて見えることから皮膚表面に傷が入ったと思う方もいるようですが、実際は皮膚の奥にある真皮層の傷です。皮膚は表皮、真皮、皮下組織(脂肪層とも呼ばれる)で構成されていて、表皮は伸縮性に優れていますが、真皮は伸縮性が弱いため、急激に皮膚が伸びると、その伸びについていけず断裂してしまいます。

真皮層を作っているものはコラーゲン繊維やヒアルロン酸、繊維芽細胞、エラスチンとなり、エラスチンがそれぞれの成分を結びつけている形です。急激な伸びについていけずに断裂するということは、これらの成分が一定の形を保つことが出来ず、パチンとはじけたように崩れてしまうということになります。

真皮は肌の水分を保つ働きを持っていますので一部が断裂してしまうとそこから水分が蒸発しやすくなり、肌のハリや水分量を保つことが出来なくなります。そのため、肉割れができてから長い期間が経過すると乾燥してテカテカと光を放つようになるのです。

肉割れができる原因

一口に肉割れと言っても様々な原因があることをご存知ですか?代表的な原因としては以下のようなものがあります。

急激な体形の変化

肉割れの原因で最も多いのが急激な体形の変化と言われています。前項でも説明した通り、肉割れは真皮が断裂することによって発症するため、短期間の間に急激な体形の変化があると一気に皮膚が伸ばされることになり、真皮が耐え切れず肉割れとなって現れるというわけです。体重が増加する際に脂肪がつきやすいお尻、太もも、お腹は肉割れができやすい場所となります。

血行不良

血行不良により皮膚が必要とする栄養分を正常に届けられなくなります。体内の老廃物が溜まりやすくなることで余分な水分が排出されなくなり、血液の流れがドロドロになってしまうからです。体内に余分なものが残るようになると皮膚が硬く、乾燥しやすくなり、肉割れ発症の原因となります。

歩き方

ハイヒールを履いていると無意識のうちに歩き方が崩れている可能性があります。本来は足の指、指の付け根、足のかかとがついた三点歩行でしっかりと体を支え、バランス取っているのですが、ヒールを履くことで「浮き指」になってしまい、指の付け根と足のかかとの二点歩行になってしまいがちです。三点から二点になることは二点に必要以上に負担がかかっていることになり、そこに関係する膝裏や膝裏上部などにまで負荷がかかって肉割れができやすくなります。

痩せたら消えるって本当?肉割れに関する様々な誤解

blank

現代はインターネットで検索すると様々な情報を手に入れることができます。しかし、誰でも情報を発信することができるので、どの情報が正しいのかを正確に見極めることは困難です。肉割れに関してもたくさんの情報がありますが、中には間違った情報もあり、誤解や勘違いがきっかけとなって肉割れが悪化してしまったというケースもありますので注意が必要です。

痩せたら消える

これは肉割れの誤解の中でも最も多いものだと思いますが、最初に説明した通り、肉割れは一度できてしまうと自然に消えるということは残念ながらありません。そのため、痩せたからと言って消えるものではないということです。

ただし、肉割れには様々な治療法があり、ほとんどわからない程度まで目立たなくすることもできますし、瘢痕修正術を行った場合は広く広がった断裂面を細い線状にすることも可能となります。

セルライトが悪化すると肉割れになる

まず、肉割れは皮膚に線状のものができますが、セルライトは皮膚が凹凸しているもので症状が異なります。そもそも、セルライトは肥満や血行不良によって脂肪細胞が周囲の老廃物を巻き込んで肥大化することで皮膚の表面に凹凸が現れます。太った時や血行不良になった時にできやすいなど発症環境は似ていますが、肉割れとはできるメカニズムも対処法も異なりますのでそれぞれに正しい対処をしていきましょう。

体重が増え続けると肉割れの症状が悪化する

確かに体重の急激な増加は肉割れの原因となりますが、体重が増え続けることで肉割れが悪化することはありません。できてしまった肉割れを悪化させる原因は乾燥です。体重が増え続けることは新たな肉割れができる原因にはなってしまいますが、既にできてしまった肉割れの症状悪化は乾燥によるものが大きいので保湿をしっかりしておきたいところです。

肉割れを悪化させないポイント

肉割れはできてしまう前に予防できるのがベストですが、お腹や胸だけでなく、ふくらはぎや太もも、お尻など身体の背面にできることもあり、気付かないうちにできてしまい対処が遅れてしまうこともあります。

肉割れが出来てしまった場合には残念ながらセルフケアで完全に消すことはできませんが、早期に手を打つことで目立たなくさせることが可能なため、肉割れを発見した際には以下のポイントにご注意ください。

かゆみで肉割れを刺激しない

肉割れは肌が乾燥することで進行しますのでかゆみが生じますが、掻いてはいけません。掻くことで肉割れの線がくっきりと現れてしまい余計に目立ってしまいます。

傷跡のように肌の表面に線がくっきりできてしまうので、かゆみを感じても搔かないように心がけて、我慢できないかゆみが生じる場合には保湿をすることでかゆみを抑えましょう。

規則正しい生活

肉割れは血流が悪くなることでも発症することがあります。血流が悪化する原因は様々ですが、偏った食生活や運動不足など生活習慣の乱れが挙げられます。

血流を促進するためには入浴が手軽で有効な方法です。10分程度の入浴でも体の血流が良くなりますので毎日お風呂に入ることを習慣付けていきましょう。

肉割れを治すにはスピードが重要

肉割れを放置すると日に日に線が目立ってきてしまいます。肉割れをより目立たなく治すには早期の対応が重要となりますので放置せずにできる限り早く手を打ちましょう。

自宅でできるおすすめの肉割れケア

blank

肉割れはできた後に放置すると日に日に線が目立ってきてしまいます。肉割れをより目立たなくなるように治すには早期の対応が重要となりますので放置せずにできる限り早く手を打ちましょう。

初期症状の肉割れ

冒頭で述べた通り、肉割れができた直後は赤い線として発症します。初期の状態では真皮が裂けたばかりでその傷は完全に塞がっていません。この段階でケアをすると自宅ケアでもほとんど目立たなくすることが可能です。

初期の肉割れを発見したらピーリング剤を使用して古い角質を除去して入念な保湿を行いましょう。ただし、ピーリング剤の使用時も保湿の際も皮膚をこすりすぎると肌が乾燥しやすくなりますので、優しく丁寧なケアを心がけてください。
※ピーリング剤を毎日使用するのは肌に負担をかけ過ぎることになりますので商品に記載してある目安を守って使用しましょう。

中期症状の肉割れ

中期の肉割れは赤紫色に変色して一部では白っぽく見えるところもあります。この頃には周辺にも複数の肉割れが発症しているケースが多いです。

中期の場合は肉割れの改善に効果的なクリームなどを使用してケアをすることをおすすめします。また、肌の治癒力を高めるために半身浴や運動で血行を促進していきましょう。ただし、激しい運動では身体を動かすたびに強い揺れで皮膚が動き、肉割れを増やすことも考えられますのでウォーキングや軽いエクササイズ、ストレッチなどが効果的です。

末期症状の肉割れ

末期の肉割れは白っぽくなったり、傷口がテカテカと光を放つようになります。ここまでくると自宅ケアでの解消はかなり難しくなります。それでも自宅でケアをしたいという場合には肉割れ専用のクリームやオイルを使ってケアしていきましょう。

肉割れをもっと効果的に治したいなら美容クリニックへ

blank

皮膚にできた傷の治療となり、皮膚科をイメージする方も多いと思いますが、皮膚科では肉割れを基本的には傷とはみなしていませんので保湿剤の処方程度となるケースが多いです。

本格的に肉割れの治療をする場合には多少費用は掛かってしまいますが、専門の美容クリニックへ行くことをおすすめします。無料カウンセリングを行っているクリニックも多く、プライバシーにも配慮されているのでまずは相談に行ってみるのも良いかもしれません。美容クリニックでの治療には以下のようなものがあります。

瘢痕形成術

瘢痕形成術は肉割れができた箇所の皮膚をメスで切開して、断裂している部分を縫合することで傷痕を目立ちにくくする治療です。肉割れを完全に消すことはできませんが、大きく深く断裂した肉割れを1本の線のように縫い合わせるので断裂した肌よりは目立ちにくいですし、縫合がしっかりされていれば縫合部分が太くなることもありません。瘢痕形成術には3種類の術式があります。

【Z形成術】

皮膚を切開する際のデザインがZの形であることからこのように呼ばれています。肉割れの断裂部分をZの形に切開し、三角の形になった皮膚弁を入れかえて縫合することで視覚的に目立ちにくくすることが可能です。また、この術式は皮膚の凹凸を改善する効果も期待できます。

【W形成術】

Z形成術とは異なり、皮膚を切開する際のデザインがWの形になります。断裂部分をWの形にジグザグに切開し、山と谷になる部分で縫合です。肉割れの断裂部分と皮膚のしわが一致しやすいため、皮膚の動きも自然な仕上がりになります。瘢痕形成術の縫合方法の中では一番目立ちにくいと言える縫合方法です。

【1本の細い線にする縫合方法】

肉割れができた箇所を切り取り、上下の皮膚を1本の線のように縫合する方法になります。1本の線の縫合は担当する医師の技量に左右されやすいのでクリニック選びは慎重に行いたいところです。
瘢痕形成術の費用はクリニックによって異なりますが、目安としては直径2㎝までで5万円程、それ以降は2㎝ごとに2万円程度です。Z形成術やW形成術は4割増し程度の金額になる可能性があります。

リダクション

リダクションはダイエットやリバウンドを繰り返すことで生じてしまったお腹のたるみと肉割れができた箇所を皮膚ごと切除する術式になります。たるみと肉割れを一気に治療することができるので魅力的な治療法です。瘢痕形成術と同様に術後は縫合痕が残ってしまいますが、1年ほどでかなり薄くなると言えます。非常に魅力的な術式ではありますが、大掛かりな手術が必要なため100万円を超えるほどの費用が掛かります。

ダーマペン

ダーマペンは超極細針を高速振動させることで皮膚に微小な穴を垂直に開け、皮膚の再生を促し、自然治癒力を用いて新しい素肌に再生させる美容医療機器です。これによりコラーゲンの増殖を促して肌を再生して肉割れを改善していく治療になります。

髪の毛よりさらに細い針なので痛みはほとんどなく、痛みに弱いという方には塗る麻酔クリームを使用するクリニックもあるので安心です。施術時間は患部の範囲によって異なりますが、大体1時間ほどかかることが多く、費用は4万円程になります。

レーザー治療

レーザーで目視では確認できないくらいの小さな穴を患部に開けて真皮層を刺激する治療法です。真皮層を刺激すると肌の新陳代謝が促されて肉割れが薄くなっていきます。また、レーザー治療は肉割れの解消だけでなくコラーゲン生成や皮下脂肪の燃焼をアップさせる働きも期待できるので肌質も改善され、美しい肌を手に入れることができます。

シンプルな治療法ですが患部にレーザーを当てることになるので火傷のリスクがあります。施術を検討する場合はしっかりと念頭に置いておきましょう。症状やクリニックによって治療回数の差があるため全体的な費用も異なってきますが、目安は手のひらサイズで3万円/回ほどになります。

炭酸ガス治療(炭酸ガスメソ)

最近、話題となっている炭酸ガス治療。クリニックによっては血流改善ガス治療とも呼ばれます。この炭酸ガス治療は海外では肉割れや妊娠線、ストレッチマークの治療として一般的な治療法で高い効果が期待できます。

炭酸ガス治療では患部に細い針を真皮まで刺し、そこから炭酸ガスを注入して血流が促され新陳代謝が活発になるのを利用して肉割れを改善します。レーザー同様に刺激を与えるのでコラーゲン生成も促され肌のハリも取り戻してくれます。

逆にレーザーと異なる部分は火傷のリスクもありませんし、副作用もほとんどありません。ただし、症状が酷い場合は1年ほど通わなければならないこともありますので、初めのカウンセリングで回数や費用を明確に提示してもらうようにしましょう。費用の目安は1回当たり4万円ほどになります。

肉割れの治療は肌に直接メスを入れたり、刺激を与えたりするのでクリニック選びは慎重にしたいところです。無料のカウンセリングを上手に利用しながら、いくつかクリニックを周り、信頼できる医師の元で納得のいく治療が出来るクリニックを選びましょう。

「肉割れの消し方」について
まずは専門医に相談する